Archive for the 家庭科教職コース Category

家庭科教職コースの3年生

2022年6月29日

みなさま 

こんにちは。教員の小林です。

家庭科教職コースの3年生は衣構成学実習Ⅱで

浴衣を製作しています。今日、ようやく仕上がり

みんなで着装しました。とても素敵ですね。

この数か月で技能がとても上達しました。

thumbnail_img_1881-2

 

 

一人一台iPadを使った家庭科模擬授業

2021年11月16日

皆さん、こんにちは。教員の井元です。

家庭科教職コースの2年生では、一人一台iPadを使った家庭科模擬授業を行っています。

高等学校「家庭基礎」のデジタル教科書と、 ロイロノートという授業ツールを用いています。

皆さんとても工夫を凝らした授業計画を立てて、楽しい授業をしています。

img_1579

 

 

img_1578

 

57da3e02-94c2-4a50-9bdc-b944386a9768

家庭科教諭の採用試験結果(速報)

2021年11月3日

皆様、こんにちは。

家庭科教職コースの教員の井元です。

今年度の公立学校の教員採用試験結果が10月22日までで出そろいました。

9名の学生さんが合格しました。 😛

(昨年は8名の学生さんが合格しました。)

今年度の皆さんが合格された自治体は、東京都、埼玉県、さいたま市、千葉県、福島県です。(その年によって、どこを受験されるかは様々です。昨年度は、東京都、千葉県、新潟県、北海道でした。)

合格された皆さんは、2022年4月から家庭科教諭として勤務されます。

公立学校の家庭科教諭の採用試験は、自治体ごとに様々に異なった内容で、一次試験、二次試験があります。

そのため、夏休みも返上して、猛勉強をされて合格されました。(私たち教員も小論文、面接、模擬授業などのサポートを行ってきました。)

本学では、これまでに約600名の家庭科教諭を輩出しています。

本学で学び、家庭科の先生になりませんか? 家庭科教諭を目指す皆さんをお待ちしています。

 

卒業生が非常勤講師として本学に💚

2021年10月8日

apple.gif 教員の藤巻です。

 

昔、クラス担任をしていた時の学生さんが立派な先生となって、非常勤講師として本学に来てくれることになりました。

家庭科教職コースの科目を担当してくれます。

 

講義の初日、10年ぶりの再会というのに時の隔たりを全く感じず、とても嬉しかったwink.gif

その彼女がメッセージを寄せてくれましたので、皆様にお届けしますねheart04.gif

 

 

bud.gif bud.gif bud.gif bud.gif bud.gif bud.gif bud.gif

 

こんにちは。

今年度後期から、非常勤で保育学の授業を担当している叶内です。

栄養科学専攻の卒業生でもあります。

 

栄大の卒業生なのに、どうして保育学なの?

と思った方もいらっしゃるかもしれません。

実は、私が保育のことをもっと勉強したいと思ったのは、栄大生の時に入っていた食育ボランティアクラブ「ニコニコ会」で子どもたちに食育活動を行ったことや、栄養士実習で保育所へ行ったことがきっかけでした。

大学を卒業する時に、家庭科の中でも特に保育のことをもっと勉強してみたいなぁと思い、大学院へ進学しました。

 

栄大生だった頃は、栄養士教職スポーツ栄養実践指導者…と、資格を取るために忙しい日々を過ごしていましたが、当時取得した資格はどれも今の生活に役立っています。

そんな忙しい日々を一緒に過ごした栄大の友人たちとは、今も仲良しです。コロナ禍でなかなか会えなくなってしまいましたが、オンラインで時々繋がっています。

 

久しぶりに訪れた栄大では頼もしい後輩たちがたくさん育っていて、とても嬉しい気持ちになるとともに、私も負けないように頑張らなくては!と思いました。

皆さんが夢に近づけるように、授業を通して少しでもお手伝いができればと思います。

これからよろしくお願いします。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%b9%e3%81%ae%e6%9c%9d2021%e7%a7%8b

 

科学専攻1年生お正月料理

2020年12月28日

こんにちは。教員の駒場です。

先日、栄養科学専攻1年生調理実習でお正月料理を行いましたbearing.gif

この授業は全員必修です。臨床検査学コースも、家庭科教職コースも、健康スポーツ栄養コースも、食品安全管理コースも、全員でお正月料理を作りました。感染予防対策のため、1階と2階の実習室に分かれ、1台の人数を減らしています。食事は隣と間隔をとって座り、正面にはシールドをおき、マスクを外した時にはおしゃべりをしないなど注意しています。

松田先生、奥嶋先生がそれぞれの階で示範をし、同じものを学生さんもつくります。料理の内容や作り方にも配慮し、紅白なますは、自分の分は自分で作るなど、いつも以上に工夫を重ねました。

学生さんの感想は、「お正月料理を作ることは、非常に貴重な経験で、日本人として知っておくべき大切なことだと思い関心が高まりました。それぞれに違った良さがあり、品数が多いおせち料理はとっても楽しく、色彩や形を考えて盛り付けたり、うま味や様々な食感を感じながら食べる側もどちらも幸せになれるものなのだと感じました。皆で協力して、完成出来たことで、達成感を感じました!!」。おいしくできたお正月料理、きっと冬休みにそれぞれにチャレンジしてくれることと思います。

後期の調理実習は、すべて対面実習で行うことができました。学生の皆さんも私たちも、対面で授業することの貴重さを感じた1年でした。大学は今日から4冬休みに入っています。また元気な学生の皆さんと会えますように。よいお年をお過ごしくださいheart.gif2020%e7%a7%911%e6%ad%a3%e6%9c%88%e6%96%99%e7%90%86