Archive for the 臨床検査学コース Category

縦割り会のシーズン

2018年4月18日

本日、新1年生を迎え、2年生と縦割り会をしました。

お得な情報交換の場 😛 😆                                                                                                                                                               履修相談や講義や実習の様子、先生怖い?授業難しい?試験は?                         そして部活やバイトなどの学生生活などなど。2018%e7%b8%a6%e5%89%b2%e3%82%8a4087

あちこちで、身を乗り出し、目はぎらぎら 😯

知りたい、聞きたいことがキャッチできた? :roll:

2018%e7%b8%a6%e5%89%b2%e3%82%8a_4073こちら ➡ 右は先月末の進級前の縦割り会。

2017年1年と2年と3年。縦割りは馴れたものですが、真剣味が誓うようです。

臨検コースでは年に4回ほど目的別の縦割り会を開催します 💡

コースリーダーの井越でした。

今年から医療安全管理学が加わりました

2018年4月13日

%e5%8c%bb%e7%99%82%e5%ae%89%e5%85%a8%e7%ae%a1%e7%90%86%e5%ad%a6%e3%81%aegw180413

apple.gif 臨床検査学コースの藤巻です。

bud.gif今年の3年生から、医療安全管理学の講義と実習が加わり、私が担当することになりました。

eyeglass.gifこの科目は、あの鼻へ綿棒を突っ込まれるインフルエンザの検査などを、医師の他に臨床検査技師もできるようになったことから、患者さんに安全に適切な検査をすることができるように、新規開設されたものです。

pencil.gif今日は第1回の講義。グループワークで行うスタイルにしました。

icon_eek.gif 朝1限、教室の準備をしようと、いつもより早く20分も前に教室へ行った時、思わず目をみはりました。すでにかなりの学生さんがいて、グループワークができるように机がきちんと配置換えされていたからです。

heart04.gif確かに私は昨夜、「グループワークするので座席指定があります」と受講生に一斉送信しましたし、座席のレイアウトと席次表は教室に張り出しておきましたが、それ以上の指示は何もしていませんでした。だから、自発的に準備してくれたことに感動。思わずありがとう!です。

pencil.gif講義では、まずは医療安全管理学で何を学ぶのかをきちんと理解しておいて欲しいと思って、臨床検査技師の困ったさんのお仕事ぶりを漫画で紹介して、どんな問題や危険が潜んでいるのかをグループワークで考えてもらいました。

さて、グループワークの成果は?

「漫画のストーリーから、さまざまな危険を予知をすることができた。気をつけないといけないことや、誤った態度をするとどのようなことが起こるのかを理解することができた」「医療安全管理学というものがぼんやりしたイメージしかなかったけれど、患者さんとのコミュニケーションや他教科へも広く関連していることがわかった」「ひとつの検査の場面でも、さまざまな問題点が潜んでいることがわかった。」という感想が多くよせられました。

shine.gifまずは今日の目標を達成できたようで、良かったです。

%e3%83%89%e3%82%a6%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%84%e3%83%84%e3%82%b8%e3%81%a8%e5%99%b4%e6%b0%b4180413apple.gifこれからの講義と実習をとおして、患者さんの信頼を得て良い検査ができる臨床検査技師さんになってもらえるよう、私も一緒に頑張りたいと思います。

第64回臨床検査技師国家試験会場へ応援しに

2018年2月21日

img_2018-2-21tqte%e5%9b%bd%e5%ae%b6%e8%a9%a6%e9%a8%93%ef%bc%923779今年は蒲田の大学が会場でした。

お天気は良いし、駅からは近いし、校舎は綺麗 😆

無事に皆の会場入り後、声援を送ってきました。頑張れー 😀

   検査技師課程一同

 

今日は臨床検査技師国家試験

2018年2月21日

%e7%94%9f%e7%90%86%e6%a9%9f%e8%83%bd%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e5%ad%a6%e5%ae%9f%e7%bf%92apple.gif 科学専攻広報の藤巻です

pencil.gif今日は、臨床検査技師国家試験の日です。試験会場は全国10カ所で、およそ4500人が受験します。

bud.gif本学でも、科学専攻の臨床検査学コースの学生さんが受験します。

apple.gif今まで勉強してきたことを思いだして全力を尽くして欲しいと願っています。頑張れ!!!

%e5%90%88%e6%a0%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81180220
pass.gif 昨日は合格を祈って、カフェではチーズとろ〜り応援ランチが提供されました(右写真)

 

 

 

 

 

臨検コース4年代表2名が学会のフォーラム参加

2017年11月1日

 

こんにちは、検査技師課程委員長の井越からの報告ですwink.gif

10月28,29日に日本臨床検査技師会主催の関甲信・首都圏支部合同医学検査学会が さいたま新都心で開催されました。

今年は埼玉県支部主催、学会メインテーマは『臨機応変sign03.gif                                                                                              この意味は院内の中央検査室に留まる時代から外に出向こう。医療現場のニーズに応え、 技師も変化する時だ!との想いです。
その一つに学生と現場技師を繋ぐ目的で『学生フォーラム』企画されました。夏頃、臨床検査 技師養成校在籍学生対象に「技師の仕事への感想や将来像」に関するアンケート調査がありました。

皆さんも回答に挑戦されたでしょうかsign02.gif
その結果、30校からの総613件回答が得られ、解析結果とそれに続き、現場技師含むコメンテーターと埼玉県代表学生による質疑応答がありました。県内の4大学と2専門学校から上級生相当11名、本校からは4年2名に参加していただきました。数分ずつでしたが、臨地実習を終えての考えや希望、質問などを見事に素直に発表してくれましたheart04.gif支部会側からは皆のすばらしい意見に絶賛!将来の若手技師たちよ!とても大きな期待です。2017%e3%81%95%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%be%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e5%8a%a0%e8%97%a4%ef%bc%86%e5%90%89%e7%94%b0

次回は群馬県主催ぐんまちゃんと代表2名でPR写真学会は研究や症例報告、機器や試薬の検討などの発表だけではなく、メーカの機器展示やグッズ、物産なども楽しめるので、機会があれば皆さんもどんどん参加してみては?