若林 槙さん
子どもたちの未来を健康にー
パラグアイで学童の肥満予防に取り組むー
独立行政法人国際協力機構(JICA) 
栄養改善アドバイザー
若林 槙さん
Wakabayashi  Kozue
2013年 短期大学部食物栄養学科卒業、大学へ編入
2015年 大学栄養学部実践栄養学科卒業
若林さんは、2021年10月、国際協力機構(JICA)の個別専門家栄養改善アドバイザーとしてパラグアイ共和国に派遣されました。パラグアイでは、循環器疾患、がん、糖尿病等の非感染性疾患(NCDs:Non-Communicable Diseases)による死因の増加という問題が起きていています。NCDsの原因の一つとなる肥満の予防を促進するために、これから2年間、現地でパラグアイの人たちとともに、学校給食メニューの改善からパラグアイ国の栄養政策立案支援まで、複合的なアプローチで挑んでいきます。
今回の派遣は、JICA がパラグアイ政府からの要請を受け実施される協力で、パラグアイにおける学童期の栄養改善への支援を行い、将来的な生活習慣病の減少に貢献することが期待されています。
具体的な活動は、パラグアイ厚生省関係者に対し、国民の肥満を減少させるための幼児期からの肥満対策等の政策立案支援を行う他、学校現場における栄養改善や運動促進、栄養教育教材の作成支援のための助言・指導などを予定しています。
若林さんは、早稲田大学(第一文学学部)卒業後、日本生命保険相互会社にて生命保険のリテール営業として働いた後、本学短期大学部キャリアコースに入学し、栄養学を学び、さらに実践栄養学科に編入・卒業し、管理栄養士資格を取得しました。外国語が堪能で、短大時代には食の世界を広げるための香川学長の授業でセカンドハーベスト・ジャパンの路上生活者の炊き出しボランティア活動に参加し、授業終了後も個人的にボランティアを継続し海外の食品企業の方々とも積極的にコミュニケーションをとるなど、様々なことに関心をもち意欲的に活動していました。また、大学での卒業研究では「小学5年生の母子世帯における食物へのアクセスならびに子どもの食事内容」 をテーマに、社会的に脆弱な立場にある人たちの食事の実態について分析を進めました。卒業後は、青年海外協力隊(現:海外協力隊)の栄養士職としてボリビアでの健康増進活動に携わり、帰国後は開発コンサルティング会社のアイ・シー・ネット株式会社に勤務し、バングラデシュ人民共和国やバヌアツ共和国等でJICAのプロジェクトに従事しました。
(掲載日 2021.12.24)
パラグアイでの活動報告
若林さんは、2021年10月より国際協力機構(JICA)の個別専門家栄養改善アドバイザーとしてパラグアイ共和国に派遣されており、パラグアイの地で国民の肥満対策等の政策立案支援他、様々な取り組みにかかわっていらっしゃいます。
ここでは、連載「パラグアイでの活動報告」として、現地の状況や取り組み等について、貴重なお話をご紹介いただきます。
第2回 パラグアイでの研修の様子(2022年7月)
読んでみる!
第2回 パラグアイでの研修の様子
早いものでパラグアイに来て8カ月が過ぎました。2021年10月の着任当初は新型コロナウイルス感染症のパンデミックの真っただ中で、マスク着用義務や商業施設に入る際に手洗い消毒の義務がありましたが、現在、両者の義務は解除され、パンデミックにより延期されていた活動も実施できるようになりました。一度延期された若林によるカウンターパート(厚生省非感染性疾患監視課、及び国立食品・栄養院)向けの研修も2022年5月に3回にわたり実施することができました。なお、「カウンターパート」とは開発途上国に派遣されたJICA 専門家やコンサルタント、海外協力隊員等と活動をともにし、技術移転を受ける相手国側の関係者をさします。
食事バランスガイドの使い方を学ぶカウンターパート
食事バランスガイドの使い方を学ぶカウンターパート
カウンターパートの要望に基づき、3回の研修は以下の内容で構成しました。1回目は「日本の栄養政策の歴史、日本の栄養士の役割、国民健康・栄養調査、学校保健統計調査」について、2回目は「日本の食育・食事バランスガイド、日本の学校給食制度、学校や医療機関における学齢期の児童の肥満の予防・改善の取り組み」について、3回目は「日本の学校における学齢期の子どもたちを対象とした身体活動を推進する取り組み」について。
3日間の研修にはのべ52人が参加しました。一方的な説明で終わらないように質疑応答の時間を設けたり、日本の健康的な食生活を実践するためのツール(フードガイド)である食事バランスガイドの使い方について事例を出して学んだり、身体活動の促進では動画を見ながらラジオ体操を一緒に実践してみました。「食事バランスガイドを使えば目に見えて1日の食事のバランスを知ることができる」、「今後の打合せの前にも皆でラジオ体操を実践したい」などの感想があり、高い関心が伺えました。
最終日には、3日間の研修を通して学んだことを今後パラグアイ国内の学齢期の児童の肥満対策でどのように生かせるか、というテーマでグループワークを設け、最後に発表してもらいました。カウンターパートからは、「日本の食事バランスガイドを参考にパラグアイのフードガイドである『栄養の鍋』(Olla nutricional)にも運動の情報も盛り込みたい」、「パラグアイ国内での栄養士の法整備や地方分権化を通した栄養士による地域の実情に合わせたメニュー作りができていない」、「調査実施を通して政策に反映することはとても重要である」といった発表がありました。今後はこれらの意見を具体化するために日本の知見も踏まえてパラグアイ国内での学童の肥満対策を彼らとともに実施していきます。
パラグアイのフードガイド「栄養の鍋」
パラグアイのフードガイド「栄養の鍋」
× 閉じる
第1回 パラグアイの食文化―マテ茶とチパ(2022年4月)
読んでみる!
活動動報告① パラグアイの食文化ーマテ茶とチパ
¡Hola! ¿Cómo está? (オラ!コモエスタ?)
これはスペイン語で「こんにちは。お元気ですか?」という意味で挨拶によく使われる表現です。私が赴任しているパラグアイ共和国は南米大陸のほぼ真ん中に位置する南米の「おへそ」の内陸国であり、面積は406,752㎢で日本の約1.1倍、人口は約715万人で日本の約1/18です。主要産業は農業で大豆・トウモロコシ・米などの生産、並びに牧畜が盛んで牛に関しては人口の約2倍もいると言われています。日本とのつながりも深い国であり、1936年から日本人の移住が始まり、現在は約1万人の日系人がいると推定されています。また、日本のスーパーではパラグアイ産のごまが売られているのを見かけることができます。スーパーでごまを見かけた時は是非原産国を見てみてくださいね。
今回はパラグアイの食文化について少しご紹介させて頂きます。パラグアイには数々の料理がありますが代表的な食べ物の1つは「Chipa(チパ)」と「Tereré(テレレ)」です。チパとはキャッサバの粉とチーズ、豚脂、卵、アニスなどの材料を混ぜ合わせて、オーブンで焼いたものです。味や食感は「ポンデケージョ」に近いです。焼きたてのチパは暖かく、ふっくらしていてとても美味しいです。時間が経つと固くなるので電子レンジで温めて食べるとまた美味しく食べられます。チパは真ん中の空いたドーナツ型、ころころと小さなボール型、細長いものまでいろんな形のものがあります。4月のセマナサンタと呼ばれるキリストの復活祭には各家庭で手作りのチパを食べます。
テレレは飲むサラダとも呼ばれている「マテ茶」の茶葉を冷水と氷を入れて冷たくして飲むものです。「グアンパ」と言われるカップに入れて、銀のストローで吸い上げて飲みます。レモンやミント、生姜などを入れて好みの味にカスタマイズして飲んでいる人が多いようです。また、テレレはお茶として消費されるだけでなく伝統民間療法としても用いられており、体調に合わせて必要なハーブを足して飲むこともあります。1つのグアンパを複数人と共有して飲む文化があり、テレレはパラグアイ人にとって人とつながりを深めるための大事な習慣の1つです。コロナ禍で政府からテレレの回し飲みをしないよう勧告が出されましたが、それ以前は軒先で椅子に座って寛ぎながらテレレを飲む人々の姿がよく見られました。
× 閉じる