女子栄養大学大学院 文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小

大学院最新レポート

栄養学専攻レポート
女子栄養大学大学院 栄養学研究科栄養学専攻

文部科学省認定
職業実践力育成プログラムBP(Brush Up Progam for Professional)
『健康寿命延伸のための食環境整備に関わる高度人材養成プログラム』受講レポート

健康寿命延伸に係る食品・食事の提供、及び、それらを有効に活用するための健康・栄養情報の提供に関わる高度人材養成を目的とし、大学院の履修証明プログラムとして2016年度より開設。大学院生が社会人の現職者と共に学ぶ機会に。

3つの資質をブラッシュアップ

健康寿命の延伸に関連した栄養学の最新情報を学び、それを現場で 活用するSpecialistの資質をブラッシュアップ!
多職種、他機関と連携し、効果的な事業を進めるための組織マネジメント を学修して、Generalistの資質をブラッシュアップ!
学んだ知識やスキルを、所属する組織の事業や活動とつなげ、現状の課題 発見・改善を考えるワークショップ演習を通して、Team Leaderの資質を ブラッシュアップ!

最新の栄養学の知識×課題解決力

教育課程は、栄養学の最新知識を学ぶ科目群(6科目)、組織マネジメントを学ぶ 科目群(4科目)、応用力形成のワークショップ演習(1科目)で構成
女子栄養大学大学院の第一線の教授陣と、社会の現場で活躍する実務家教員が 授業を担当。ワークショップ演習は両者のコラボによる実践的学修
講師と受講生の双方向型の学修を多用し、受講生同士のネットワークづくりも可能

社会人でも学びやすい受講環境

食・栄養の専門職である管理栄養士・栄養士・健康や栄養をビジネスチャンスとして活用したい方、地域住民の健康を預かる行政職など、多彩な受講生を想定
9月〜3月初旬に、土曜日・休日の昼間の時間帯(埼玉県坂戸キャンパスまたは都内駒込キャンパス)、および平日の夜間の時間帯(都内駒込キャンパス)に開講
欠席した場合には、大学のe-learningシステムを活用して補講が可能

受講者の声

先進国・開発途上国を含むすべての国や地域の持続可能な社会の実現に向けて
管理栄養士として何ができるのかを考えていきたい
佐々木 奈緒
栄養学専攻 修士課程 2019年修了
指導教員:武見 ゆかり教授
女子栄養大学 実践栄養学科卒業
BPは現場での経験がある方が受講するプログラムという印象でしたが、私は大学院に進学した後に1年間は研究を通して経験を積み、修士2年目でBPを受講しました。大学院で学ぶ知識に加え、最新の栄養学と管理栄養士として組織マネジメントの知識やスキルを修得したいと考えたからです。さまざまな現場でお仕事をされている方が受講されているので、現場でのリアリティを体感しながら学ぶことができました。また、大学院での研究や取り組みにもすぐに活かせることが沢山ありました。大学院修了後は、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する事業の管理栄養士としてドミニカ共和国に行くことが決まっています。現地での活動では、地域住民への栄養指導のほか、組織としての事業実施戦略の作成やプロジェクトマネジメントの指導なども求められています。BPでの組織マネジメントの講義、ディスカッションやプレゼンを通して得たスキルを存分に活かして活動したいと思っています。
保健学専攻レポート

保健学専攻の領域横断的教育「重点課題演習」

大学院保健学専攻では、大学院生の現代社会における諸問題への対応力の向上を目指して、2008年度より領域横断的な「重点課題」を定め、定期的に演習を行っています。これは、保健学分野の今日的な重点課題を健康科学領域、臨床病態生化学領域、実践学校保健学領域の所属を超えて学習するものです。

保健学重点課題演習
「栄養からみた痩せ願望の女性と次世代の健康
 〜若い女性の栄養は赤ちゃんにとって十分か〜」

日時:2018年11月1日(木)16時45分~19時50分
会場:6503番教室(6号館5階)
講師1:細川 モモ 先生(一般社団法人Luvtelli(ラブテリ)代表理事)
演題:若い女性の痩せ願望と栄養状態/女性の社会進出による健康面への課題
講師2:久保田 君枝 先生(聖隷クリストファー大学 助産学専攻科 教授)
演題:妊娠適齢期世代の低栄養と次世代の健康
コーディネーター:堀江 修一 先生(臨床生化学研究室教授、大学院保健学専攻主任)
テーマ設定の趣旨:
以前から欧米を中心とした出生コホート研究が盛んに行われてきたが、日本においても低体重児の出産数の増加が労働環境の悪化や妊婦の栄養不良と密接に関連することが明らかにされている。小さく生まれるとその後の成長過程、特に高齢になってからの生活習慣病など様々な病気の発症頻度が高くなること(Developmental Origins of Health and Disease(DOHaD)説)から、周産期の栄養状態を如何に整えるかが重要な課題になっている。残念ながら、日本では若い女性の痩せ願望が強く、また「小さく生んで大きく育てる」のが良いとされた過去の考え方を依然として信じている人が多数いるために、低栄養妊婦の割合が高いだけでなく、周囲からの栄養指導も十分に届かないこともある。現在では、妊娠前に加えて幼少期の頃からの食生活環境が成人から高齢期の健康に大切であることや、エピジェネティクスの研究からは、普段の食生活が次世代だけでなくその次の世代の肥満や骨粗鬆症、免疫力低下にも影響する可能性のあることが報告されている。すなわち、今回の重点課題演習は栄養について広く学ぶ皆さんにとって十分に理解しておくべき内容であり、今後新たな視点で健康づくりを推進していくための最新情報を得る良い機会と考えられる。
本講演会では、この分野の第一線で活躍されている両先生に若い女性の低栄養状態が続いている現状とその影響について紹介していただくと共に、痩せ対策をどのようにして進めていくべきかについて皆さんと議論する場にしたいと考えている。
講演要旨:
<細川先生>日本における不妊症や低出生体重児増加の背景に、若年女性の痩せ問題があり、個人の努力だけでなく企業での朝食提供や健康診断の項目の充実、労働時間の改善、とくに不足しやすい栄養素を添加した機能食品の開発など、様々なソリューション開発が進められていることについて紹介する。
<久保田先生>“妊婦の体重と出生児の体重との関係”を妊娠中(前期・中期・後期)の食事摂取エネルギー量から精査し、その結果から妊娠期の対応をすることは勿論ですが、20歳代、30歳代からの身体づくりと次世代の健康を考えることの大切さについても紹介したい。
細川 モモ先生
細川 モモ先生
久保田 君枝先生
久保田 君枝先生
Copyright ©2009-2019 Kagawa Nutrition University. All rights reserved.  
入学案内 進路状況 キャンパスライフ 資格インデックス 研究室・教員紹介 研究科・専攻紹介 大学院紹介 交通アクセス お問い合わせ 願書・資料請求 サイトマップ English 女子栄養大学大学院 プライバシーポリシー 関連リンク 香川栄養学園 香川栄養学園