New 第16回企画展示
 食べ方のルール――「四群点数法」の誕生まで    展示中〜平成29年3月上旬まで 

   人々の健康のために――『栄養と料理』の80年    第15回企画展示より

   レシピのはじまり――料理カード    第14回企画展示より

   食により人々を健康に――実践栄養学80年の歩み    第13回企画展示より

   香川綾の実践――料理カードと計量化の歩み    第12回企画展示より

 香川昇三の足跡をたどる『香橙』はこちらから

 

 

香川昇三・綾は昭和の初期、東京大学島薗内科で各種のビタミンを研究。特に胚芽米はビタミンB1が多く含まれることを証明し、胚芽米の普及につとめ脚気予防に大きく貢献しました。以来、二人は栄養学に一生を捧げました。

香川昇三の論文
「胚芽米のビタミンB含有量に就て」
 昭和9年『糧友』に掲載

現在の胚芽精米

 

 

 

 

昭和10年に創刊した『栄養と料理』
―本誌は栄養学の知識を実行に移すことに於て、そこに尊い使命を見出すでしょう。本誌の編集は全く研究会員の手で行われます。講習会から研究会、研究会から世の中へと漸く一歩を進めてまいります。―
(香川綾:創刊にあたって)

 

 

疎開学園時代
(昭和20年5月〜21年6月)
昭和20年7月、香川昇三は疎開先で死去。
その後も授業は続けられ、昭和21年6月20日に卒業式を迎えました。


(左)農作業風景
(右)
疎開先での調理実習

 

 

 

 
 
 

戦後の混乱の中、綾は積極的に学園を再建、栄養学の普及活動をすすめました。

昭和29年 駒込校舎1号館
昭和25年に女子栄養短期大学設置

 

現在の駒込校舎

 

 

 

 

昭和28年 栄養展(学園祭)
学園全体で取り組んだ栄養展。
現在は駒込祭・若葉祭として
伝統を守りつつ学生の手によって運営されています。

 

 

 

 

香川綾の講演活動
昭和30年ころから平成3年ころまで
全国各地で栄養や健康について
熱心に講演活動を行いました。
(昭和31年ころ 三島市での講演)

 

 

 


 昭和37年 当時の坂戸校地風景
 昭和36年、女子栄養大学設置。
 その後、栄養学の発信地として大きく飛躍しています。

当時の手作り教科書

 

 

現在の坂戸校舎

 

 

 

 

 

 
 

綾は、昭和3年「主食は胚芽米、おかずは 魚一・豆一・野菜四」を提唱。その後、いろいろ研究を重ね昭和48年「四群点数法」を完成させました。

現在の「四群点数法」
《四群点数法®》のすすめ ―健康さわやかカード―
 第1群:乳・乳製品、卵
 第2群:魚介・肉・その加工品、豆・豆製品
 第3群:野菜、芋類、くだもの
 第4群:穀類、油脂、砂糖・その他

 

 

平成2年
大学院修了式の日
昭和44年
女子栄養大学大学院設置

 

 

 

平成15年12月発行の『女子栄養大学紀要』(第34号)
―学園は若い学生と共に、常に成長してゆく教師の勉強の過程が尊重されなければならない―
(綾、「発刊のことば」より 昭和45年)

 

 

 

 

 


香川綾 愛用の自宅机

 

 
 

女子栄養大学 坂戸キャンパス4号館(図書館棟)2階
 東武東上線「若葉駅」下車徒歩3分(池袋駅より急行40分)

香川昇三・綾記念展示室
 埼玉県坂戸市千代田3-9-21
 TEL 049-284-3489
 開室日時:月〜金曜日 9時10分〜17時
                 土曜日         9時10分〜17時
                 ※時間変更をする場合があります。
 閉      室:日曜・祝日・年末年始
 特別閉室:5月27日(金)・30日(月)
                 8月12日(金)〜17日(水)
                 9月10日(土)、1月13日(金)・14日(土)・24日(火)、2月4日(土)
 ※夏期開室は以下の通りです。
   7月1日(金)〜9月30日(金)
   土曜日閉室
   開室時間:11時〜15時

香川栄養学園ホームページ

女子栄養大学ホームページ

 
Copyright© 2010-2016 Kagawa Nutrition University All rights reserved.