女子栄養大学・女子栄養大学短期大学部
学校法人香川栄養学園
女子栄養大学大学院
香川調理製菓専門学校

栄養学部  保健栄養学科  栄養科学専攻

■カリキュラム

この専攻の特色

栄養士教育を基盤に4つのコースがあり、多様な学びの選択肢が用意されています。
1年前期の初期体験学習やフレッシュマンプログラムでコース選択をサポートします。
1年前期末にコースを決定して、1年後期からはコースに所属します。
学びを実践力と人間力につなげるために、多くの学外実習が用意されています。

栄養士教育 <全ての学びの土台>

食事計画、栄養教育、商品開発… 栄養士は幅広く活躍する「食」のスペシャリスト

「もっと健康になりたい」「ダイエットしたい」「美味しくて、栄養バランスのある食事を摂りたい」。健康志向が高まる中、そんな現代人のニーズに応えるベース(基盤)となるのは栄養の知識です。栄養士は食事や栄養の面から健康にアプローチし、より豊かな「食」そして「生活」が送れるよう支援する役目を担います。栄養・食事計画、献立作成、栄養教育といった業務のほかにも、最近では企業、フィットネスクラブ、エステサロンなどで、カウンセリングも含めた栄養相談を行ったり、新メニューなどの商品開発を行うなど、栄養士の活躍のステージは、実に幅広くなっています。

臨床検査学コース
より良い医療に貢献できる臨床検査技師と栄養士の資格を持つ人材を養成します。
コースでの学び

資格取得に関わる専門科目の講義は全て実習と組み合わせて行われ、臨床検査学の知識と技術を、実体験を通して学びます。4年次には3ヶ月の病院実習で高度医療の現場を学びます。

栄養士である強み

医療の現場では、栄養サポートチーム(NST)による栄養改善で、患者さんの早期回復が期待されています。NSTのチームの一員として、栄養学に明るい臨床検査技師が求められています。

取得できる資格
  • 臨床検査技師国家試験受験資格
  • 栄養士
目指す就職先
  • 大学病院、公立総合病院、私立総合病院、診療所
  • 健診センター
  • 検査センター
  • 企業(製薬・治験・医療機器)
家庭科教職コース
「家庭科」およびHR(学級)活動・部活動・学校行事などで、生徒の生活全般における食環境を指導できる家庭科教諭を養成します。
コースでの学び

「人の一生と家族・家庭、福祉、保育・高齢者、衣食住生活、消費生活と環境」に関する専門的知識と技術および「教職教養科目」を学び、教育者として必要な洞察力と教養を身に付けます。

栄養士である強み

食生活領域の指導に役立つばかりでなく、養護教諭や栄養教諭と連携した給食指導や食情報の発信も可能です。また、運動部の食事や、学校祭などでの大量調理や食品衛生についてアドバイスできます。

取得できる資格
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状「家庭」
  • 栄養士
  • 栄養教諭二種免許状(他学科履修により希望者選択)
目指す就職先
  • 公立・私立中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校

※スポーツ栄養コースまたは食品安全管理コースと併修可

健康スポーツ栄養コース
栄養と運動は健康のための両輪。子どもから高齢者まで、栄養と運動の両面から支援できる人材を養成します。
コースでの学び

「スポーツ栄養実践指導者®」を目指し、「スポーツリーダー」としての基礎能力に加えて健康づくりのための運動・スポーツについて学びます。4年次では、『実践栄養運動指導実習』で実際の現場を体験します。

栄養士である強み

栄養士としての食事指導を運動指導と融合させて、人々の健康増進を多面的にサポートできます。トップアスリートについても、スポーツを理解していることで、選手の身になった栄養サポートが可能になります。

取得できる資格
  • スポーツ栄養実践指導者®
  • スポーツリーダー
  • 栄養士
目指す就職先
  • 健康フィットネス関連企業(フィットネスクラブなど)
  • 公共スポーツ施設(健康増進施設など)
  • 老人福祉・介護保険施設
  • 受託給食施設

※家庭科教職コースと併修可

食品安全管理コース
安全な食品を消費者に提供するために、食品を知り、見極め、品質や安全を評価・分析できる食品技術者を養成します。
コースでの学び

栄養学・食品学・調理学・食品衛生学を基本に、食品鑑別や食品微生物検査などで品質や安全を評価・分析する力を身に付けます。3年次の『食品開発・管理実習』では、食品企業などで研修して即戦力を身に付けます。

栄養士である強み

健康志向の現代、栄養士の知識や技能は、食品業界に強く求められています。豊富な調理実習で培われた調理技術により、食商品試作など、直接・間接的に食品業界でのキャリア形成に役立ちます。

取得できる資格
  • 栄養士
  • フードスペシャリスト受験資格
  • 食品微生物検査技士受験資格(指定科目の履修のほか、協会の通信講座受講が必要)
目指す就職先
  • 食品製造業
  • 食品流通業
  • 中食産業
  • 外食産業の安全管理、食品開発、メニュー開発、研究、品質検査、食品分析分野

※家庭科教職コースと併修可

授業科目一覧(平成28年度入学生用(予定)PDF形式)

学外実習

実践力と応用力を求めて、多彩な学外実習が準備されています。
栄養士校外実習(給食運営実習)

本専攻では3年次の9月中の1週間、保育園や学校、事業所、高齢者福祉施設、病院などの特定給食施設において校外実習を実施します。給食業務を行うために栄養士として不可欠な知識および技術を体験的に学習することがその主な目的です。学内での講義、実習を通して培った知識や技術をもとに、現場での体験を通して、一人ひとりの応用力を高めていきます。また、帰省先での実習も行っています。実家がある地域施設へのアプローチは、将来、地元での就職を希望する学生にとって、大きな足がかりとなるでしょう。

栄養士校外実習先(給食運営実習)(平成26年度抜粋)

川越市立保育園/立川市立小学校/ジャパンウェルネス株式会社/株式会社LEOC/特別養護老人ホーム真寿園/関越病院/名戸ヶ谷病院 など45施設

臨床検査技師臨地実習(臨床検査学コース)

4年次の7〜10月の3ヵ月間、医療施設で「臨床検査臨地実習」を体験します。これは主に「生理機能検査学」「生化学検査学」」「血液検査学」「免疫検査学」「臨床検査総論」などで構成されるもの。学内で身につけた知識や技術を医療の現場で体験し、より深く理解するのが目的です。

臨床検査技師臨地実習(平成26年度抜粋)

都立駒込病院/都立広尾病院/都立大塚病院/豊島病院/多摩北部医療センター/多摩南部地域病院/東部地域病院/さいたま市立病院/船橋市立医療センタ−/日本赤十字社医療センター/小川赤十字病院/北里大学メディカルセンタ−病院/獨協医科大学越谷病院/済生会川口総合病院/済生会栗橋病院/厚生中央病院/群馬中央病院/佐野厚生総合病院/水戸医療センター/君津中央病院/栃木県立がんセンター/埼玉メディカルセンター/自衛隊中央病院 計23施設

教育実習[家庭科教諭](家庭科教諭コース)

4年次に3週間又は4週間、家庭科の授業および生徒指導・特別活動などについて、中学校、中等教育学校または、高等学校の教育現場で教育実習を行います。実習の前後に「事前指導」、「事後指導(報告会)」を実施するなど、きめ細かく指導にあたります。4年後期にはさらに教員としての資質を高める教職実践演習があります。

※中学校教諭を希望する場合は、3年次に介護等体験を実施します。

教育実習先(家庭科教諭)*都道府県別実施予定校数(平成27年度予定)

埼玉県/東京都/神奈川県/群馬県/茨城県/福島県/新潟県/長野県 計17校

実践栄養運動指導実習(健康スポーツ栄養コース)

本実習は4年次に公共又は民間の健康増進施設・団体組織、フィットネスクラブ、行政、保健福祉施設、大学研究室運営のスポーツ教室等において、運動と栄養を組み合わせた健康づくりやスポーツ選手の栄養管理等について現場の視点から実習します。3年次の栄養士校外実習の経験を踏まえた上で、さらに専門性を高めることが目的の実習です。また、この実習は将来の就職の方向性を定めるよい足がかりとなるでしょう。

実践栄養運動指導実習(平成27年度予定)

國學院大學野球部・柔道部/坂戸市健康スポーツ推進課/越生町健康福祉課(保健センター)/美里町教育委員会/リハ倶楽部さくら/よりあいええげえし/東坂戸団地自治会/女子栄養大学「ニュースポーツ大学」/ヘルシークイーン・フェスティバル実行委員会/スポーツイベント運営会社/その他(運動と栄養を組み合わせた健康づくり団体・施設) 計11団体・施設

食品開発・安全管理実習(食品安全管理コース)

3年次に5日程度、食品企業や研修センターなどの現場において、食商品開発・品質管理・食品衛生管理などに関する業務の一連の流れを実習します。これらの業務の重要性や大事なポイントを理解し、今後の勉強の糧とすると共に、近い将来の職業選択に資することを目的とします。

食品開発・管理実習先(平成26年度)

香川栄養学園プランタン/埼玉県農林総合研究センター水産研究所/埼玉県衛生研究所/高砂香料工業(株)/タカノフーズ(株)/(財)東京顕微鏡院/(公社)日本食品衛生協会/(財)日本清涼飲料検査協会/三島食品(株)/弓削多醤油(株)/(株)ロッテアイス/(株)若葉 計12施設

坂戸市スチューデント・インターンシップ事業

平成19年度から埼玉県坂戸市と提携し、市内の小・中学校に教職を希望する学生を派遣しています。児童・生徒への指導補助を通して教師を目指す学生にとって貴重な現場体験の機会となります。『栄養科学特論Ⅴ』(学校サポート活動)の単位として認定されます。平成26年度は、片柳小学校、千代田小学校、南小学校、泉小学校、北坂戸小学校、坂戸中学校、住吉中学校にて2・3年生10名が参加しました。