女子栄養大学・女子栄養大学短期大学部
学校法人香川栄養学園
女子栄養大学大学院
香川調理製菓専門学校

学校法人香川栄養学園 3つのポリシー

■アドミッションポリシー

女子栄養大学 大学院

食と健康を統合する研究者および高度専門職業人の養成を目指し、人々の健康の増進と幸福な社会の実現に寄与することを目的とする。

求める学生像は、

自らの課題意識、問題関心が明確である人。

大学院の研究等を進めるのに、必要な学力を有している人。

〈栄養学専攻〉

栄養・食に関連した科学的根拠の探求、およびそれを活用した実践への熱意を有する人。

〈保健学専攻〉

地域保健、学校保健、バイオ・メディカルの基礎的研究に深い関心を持ち、ヘルスプロモーションに意欲を有する人。

女子栄養大学 栄養学部・栄養学部二部

食・栄養・健康・医療・教育の分野で活躍したい人。

知的好奇心に満ち溢れ、常に向上心をもって、知識の吸収に積極的な人。

知識・技術を自らの生活で実践する人。

リーダーシップを発揮し、学んだ知識を人々のために役立てたい人。

知識・技術を基に生涯を貫くテーマをみつけたい人。

高等学校等できちんと学び、基礎学力を身につけた人。

・実践栄養学科

食・健康に好奇心や探求心を持ち、食事の調製・提供のための知識や技術を身に付け、傷病者の栄養指導など、管理栄養士として栄養学の知識を実践したい人

豊かな人間性と感受性を持ち、生命の大切さを深く理解し、人々の健康と社会の福祉のために役立ちたいという情熱に燃えている人

・保健栄養学科栄養科学専攻

栄養に詳しい臨床検査技師として、保健・医療の場で活躍したい人

食育に詳しい家庭科教諭として、教育の場で活躍したい人

運動(スポーツ)に詳しい栄養士として、健康支援活動の場で活躍したい人

食品の開発や安全管理に興味を持ち、企業活動の場で活躍したい人

・保健栄養学科保健養護専攻

養護教諭になりたいという強い意志を持つ人

子ども達を愛し、養護教諭という職を愛する人

子ども達の心と体の健康を守り育てる意欲のある人

・食文化栄養学科

栄養、調理、料理など、食べることや作ることに興味を持ち、食文化の世界に魅力を感じている人

「食生活と食文化のスペシャリスト」としてフードビジネスや食のメディアの世界で実力を持って活躍したい人

・栄養学部二部保健栄養学科

栄養学の学びを通じて、自身の可能性を広げたい人

食と健康についての専門的知識を身に付け、社会貢献や仕事に役立てたい人

食と健康についての正しい知識を身に付け、食べることを通じて自分や周囲を健康にしたい人

栄養学の知識をリカレント(再学習)し仕事に役立てたい人

食と健康に強い家庭科教諭を目指したい人

女子栄養大学短期大学部

食・健康に好奇心や興味をもち、食事の調製・提供のための知識や技術を身につけ、栄養学の知識を実践する人。

食産業や食文化及び健康分野等で「食生活のスペシャリスト」として活躍したい人。

学業で得た知識を更に深く学び探究する意欲のある人。

高等学校等できちんと学び、基礎学力を身につけた人。

■カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

大学院栄養学研究科

学生自身の研究課題を深めると同時に、栄養学・保健学の幅広い研究領域の視野を得て、その中で自身の研究課題を位置づけ、研究の実施が可能となるよう、以下のカリキュラム編成を行っている。

  1. 修士課程にあっては、個別の研究課題に取り組む前に、まず栄養学・保健学の学際性・多様性に触れる目的で、入学時に専攻毎に全専任教員による「総合講義」を開設。
  2. その上で、さらに多様な知見を深める目的で多領域の特論科目を開設。栄養学専攻では、基礎栄養科学領域、実践栄養科学領域、生体科学領域、食文化科学領域、食物科学領域の特論科目を、保健学専攻では、健康科学領域、臨床病態生化学領域、実践学校保健学領域の特論科目を開設。
  3. 研究を進めるための方法論の修得を目的として、共通領域として研究手法に係る科目を開設。
  4. 栄養学・保健学の学際性・多様性の中で、自身の研究課題を位置づけ、先行研究をふまえ、その意義と知見を他者に伝え議論するスキルを修得するための「総合演習」(学生全員によるセミナー)を開設。
  5. 修士課程、博士後期課程ともに、学生自身の研究課題や実践課題を深めるため、指導教員による個別指導体制を充実すると同時に、多領域の教員から指導を受けられる機会(全教員参加の下での中間報告会等)を設置。

栄養学部

  1. (高大接続と初年次教育)高大接続を円滑化すべく、1年次に初年次教育を配置する。
  2. (学年に適した基礎教養科目配置)広い視野を養う基礎教養科目を、1・2年次(一部3年次)に選択必修として配置する。
  3. (体系的な専門科目配置)専門科目については、基礎からより分化高度化した内容の教授・自学自修ができるよう、学年を追って体系的に配置する。免許や資格取得必修科目も、学科の学びの体系の中に位置付けて学修できるよう編成する。
  4. (学科独自の履修課程と教授法)各学科の教育理念に即した学科独自の専門性を養う履修課程を編成する。また、課題解決型、シミュレーション型授業など双方向型の教授法を活用する。
  5. (低学年からのキャリア教育)低学年から一貫してキャリア教育を導入し、学外実習やインターンシップ等実践的な学習の機会を提供する。

・実践栄養学科

  1. 初年次における教育では、食事づくり力の基礎と本学の食事法である「四群点数法」を通して、建学の精神である「実践栄養学」を理解する。
  2. 基礎・教養科目群である人文科学・社会科学・自然科学・外国語の各分野から選択して学び、人としての倫理観、豊かな人間性と社会性、優れたコミュニケーション能力を養う。
  3. 管理栄養士学校指定規則に定められた3分野からなる専門基礎科目群と8分野からなる専門科目群を配置し、健康・栄養に関わる理論と実践を学ぶ。
  4. 6系科目群(臨床栄養系、福祉栄養系、地域栄養教育系、スポーツ栄養系、給食マネジメント系、食品開発系)+栄養教諭免許取得のための科目群から深めたい分野を選択し、学内外の実習等を通して学ぶことで、専門性をより高める。
  5. 4年間の学びを、職業倫理をもって総合的に活用するために、模擬形式の演習授業を配置し、課題発見・解決能力、プレゼンテーション能力、管理栄養士としての技能を高める。
  6. 臨地実習を通して、管理栄養士業務の実際を学び、専門職としての視点と能力を養う。
  7. 卒業研究を通して、科学的・論理的思考力を養い、生涯にわたり自らの専門性を向上させるための学修能力を身につける。

・保健栄養学科栄養科学専攻

  1. 1年次には、「基礎•教養科目」で幅広い教養と視野を養う。「初期体験学習」(プレセミナー)により自分らしさを生かしたコースを選択して各コースの学びへの動機付けを行う。「専門基礎科目」で栄養士と各コースの学びを理解するための基礎知識を学ぶ。
  2. 2年次には、「専門共通科目」で、栄養士に必要な基本知識と技能を学ぶ。各コースの「専門科目」で、各分野の基礎知識と技能を学ぶ。
  3. 3年次には、各コース教育では、知識や技能をたかめる。栄養士教育は、学外実習で学びの集大成とする。また、キャリア形成に向けた意欲、資格に即した社会的課題への意識を培う。
  4. 4年次には、最終学年として、各コースの学内外の実習や卒業研究を通して、技術や分析•考察力を磨き、最新の知識を学ぶ。さらに、それぞれの専門家としての使命感と倫理観をもって、多様で変化に富む社会に栄養学を活用できる力を養う。また、自分の適性に合ったキャリアを選択できる。

・保健栄養学科保健養護専攻

 本専攻におけるカリキュラム編成の特徴は、教育理念である、「時代の要請に応える実践的で専門性の高い保健・養護を担う教育者を養成する」ために実践(学校を始めとする臨地実習の場での学び)と理論(大学での学び)の往還を意図して行うものである。具体的には、2年次と4年次にそれぞれ「長期学校体験実習、病院実習」、「養護実習、教育実習」を経て「教職実践演習で集大成となるよう」教育課程を編成している。
 なお、卒業までに獲得して欲しい5つの能力、すなわち「総合的な人間力」については、初年次教育及び基礎教養科目、専門基礎科目を中心として1年次から実施し、3年次・4年次の専門科目・教職科目につなげ育成されるよう位置づけている。 「自己教育力」については初年次から4年間一貫して関連する科目で働きかけ、「課題解決能力、省察力、マネジメント力、コーディネート力」については、2年次に専門科目の入門として実施される「長期学校体験実習」に始まり、3年次を中心とした専門科目・教職科目を通じて研鑽を深め、4年次の教育実習、教職実践演習において統合していく。

・食文化栄養学科

  1. 食に関する多分野の専門知識と技術を修得できる教育体系
  2. 初年次教育から一貫した「食の専門家」としての自覚と企画力・発信力の育成
  3. インターンシップ制度などによる低学年からのキャリアデザインへの支援
  4. 3年からのコース制度による各自の専門性強化、一部調理師科・製菓科での専門的学びの機会導入
  5. 実習やフィールドワークを通した体験型・自主的学修の充実

栄養学部二部

  1. 幅広い教養と専門的知識を学ぶため、基礎・教養科目、必修の専門科目を1・2年次に配置する。
  2. 選択の専門科目は、3・4年次を中心に配置し、11分野にも及ぶ多彩な教科から、学びたい分野を選んで学習できるよう編成する。
  3. 栄養学のより専門的な内容に加え、高度専門科目も配置しており、教職教科分野の科目では、生活に直結する内容も充実させる。
  4. 授業は、学理や知識を学ぶ講義だけでなく、教育効果をあげるため科学的な実験や調理などの実習、グループワークを行う演習等、実践を重視した少人数教育を実施する。

栄養、食品、調理、保健、食情報など12分野にわたる教育課程を編成すると共に、教員免許状(家庭(中学・高等学校))、フードスペシャリスト受験資格を取得できるよう、教育課程を編成している。また、栄養学の知識を再学習(リカレント)を希望する科目等履修生の受け入れを行っている。

短期大学部

栄養学の知識・理論の学習を通して自ら正しい食生活を実践すると共に、社会において食を介して人の健康を守ることができる優れた栄養士の養成を図り、食事・栄養改善を通じて健康増進をなすための技術、食事・料理の調製・提供に必要な実際的な技術を身につけることを目的としてカリキュラムを編成する。

教育上の目的に応じ学生が修得すべき知識、能力

  1. 広範で多様な基礎的知識の獲得のため基礎・教養科目、自由選択科目を設置する。
  2. 専門的な方法論と知識を体系的に学ぶため、栄養士必修科目、専門科目および教職必修科目を設置する。
  3. 学生が幅広く関心のある科目を履修できることを目的として、専門科目、基礎・教養科目に一般コース・キャリアコースの教育目的に合わせたコース別科目を設置する。
  4. 栄養学を社会に還元し、健康を維持するための基礎技術・能力を育成するため多様な実験・実習科目を設置する。

■ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

大学院・栄養学研究科

I.修士課程

修士課程にあっては、所定の単位を修得し、修士論文または高度専門職業人養成報告書の審査及び最終試験に合格し、栄養学または保健学の幅広い視野に立って精深な学識を有し、専攻分野における研究能力または高度な専門性を有する職業人として必要な能力を修得したと認められる者に、修士(栄養学)または修士(保健学)を授与する。

Ⅱ.博士後期課程

博士後期課程にあっては、博士論文の審査及び最終試験に合格し、栄養学または保健学の専攻分野について研究者として自立して研究活動を行うに必要な高度な研究能力と、その基礎となる豊かな学識を修得したと認められる者に、博士(栄養学)または博士(保健学)を授与する。

栄養学部・栄養学部二部(共通)

以下のような能力を身につけ、4年以上在学してかつ所定の単位を修得した学生に卒業を認定するとともに学士(栄養学)の学位を授与する。

  1. (多様な社会と自然の理解と探究心) 基礎的な学習能力を修得するとともに、多様な社会・自然に対する深い理解と、専門領域を超えて問題を探求する姿勢が身についている。
  2. (専門的知識と技術力、論理的思考力、課題解決力)人々の食生活の改善、健康の維持増進に寄与できる専門的知識と高い技術力、論理的思考力を修得するとともに、現代の食・栄養・健康に関する多様な課題を発見、研究、解決する能力を修得している。
  3. (リーダーシップ、使命感、倫理観)豊かな人間性ならびに専門家としての高い使命感と倫理観を身につけ、コミュニケーション力とコーディネーション力のあるリーダーシップを備えている。
  4. (生涯学習力と自己管理力)常に新しい知識や技術を学び続け、自己管理できる力を有している。

・実践栄養学科

(知識・理解)

建学の精神である「実践栄養学」を理解し、本学の食事法を自ら実践できる。

管理栄養士に必要な基礎的な知識を修得し、健康の保持・増進、疾病の予防・治療における栄養の役割を理解している。

(専門的技術・実践)

対象の健康及び関連要因の課題を診断し、食事づくり力等を生かして栄養管理を実践できる。

円滑なコミュニケーションをはかりながら、他職種との連携を図ることができる。

(倫理観・使命感・社会的責任)

管理栄養士に求められる高い倫理観や使命感を持ち、責任ある行動をとることができる。

リーダーシップを兼ね備え、高い志をもって人々の健康・福祉のために献身できる。

(生涯学習力・総合力)

生涯にわたって学び続けることのできる基礎力をもち、管理栄養士として各専門領域にて自らキャリアを積み重ねていくことができる。

大学での学びを総合的に活用し、栄養学の発展に寄与することができる。

・保健栄養学科栄養科学専攻

本学に4年以上在籍し、本専攻独自の卒業必修科目と指定の科目群から計124単位以上を修得し、下記の到達目標を達成していることが、学位授与の基準となる。さらに、各コースの所定の単位を修得して到達目標を達成した場合、当該コースの修了とする(各コースのディプロマ•ポリシーを参照)。

(知識・理解)

栄養士を基盤とした専門家に必要な専門的学問の知識・技能を修得している。社会的課題にそくして、それらの知識を適切に連携・活用できる。

(思考・判断)

栄養士を基盤とした専門家として、人々の健康の保持増進に幅広く貢献するために、社会で直面する課題を深く考えぬき、論理的思考に基づき適切な対策を立案できる。

(関心・意欲)

栄養士を基盤とした専門家としてのキャリア形成に対する意識を持ち、社会の変化に対応出来るように、常に新しい知識や技能を学び続け、社会的課題を改善する意欲をもっている。

(技能・表現)

栄養士を基盤とした専門家として、自己管理能力、問題解決能力、指導力を発揮できる。多面的なコミュニケーション能力を備え、課題解決に関わる人々と協働して実効的な活動をすることができる。

(態度)

栄養士を基盤とした専門家として、栄養学および各コースの専門的学問に基づく実践ができ、健康で幸福な社会を志向する高い使命感と倫理観をもって、真摯な姿勢で社会的課題の解決に臨むことができる。

・保健栄養学科保健養護専攻

豊かな感性や人間性を備え、子どもを愛し尊重する姿勢や態度、グローバルな自立した市民としての倫理観を身につけていること(総合的な人間力)

常に時代の要請に応えられるよう、生涯を通じ専門性を追究し向上できる能力を身につけていること(自己教育力)

子どもを理解し、問題を見極め、根拠に基づく課題を設定し自ら解決する能力を身につけていること(課題解決能力・省察力)

健康管理と健康教育を推進する知識や技能、それらを企画・実行・調整できる能力を身につけていること(マネジメント力)

学校・家庭・地域の組織や専門機関と連携、協力ができる能力を身につけていること(コーディネート力)

・食文化栄養学科

日本および世界の食文化の学問的理解と、多様性を尊重する精神の修得

栄養学の正しい知見、ならびに専門家として必要な調理理論と実践的調理技術を修得していること

食品開発・メニュー開発・飲食店の企画・運営をする理論や方法論・技術の修得をしていること

食に関する情報発信や食育の基本的な理解と技術の修得をしていること

国際的な視点に立って、食生活や地域社会の現代的課題を抽出し、解決方法を構想・提案できる能力の修得をしていること

食の専門家としての倫理観の修得をしていること

短期大学部

以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した者に卒業を認定すると共に短期大学士(食物栄養学)を授与する。

教育研究活動等の状況

  1. 自ら正しい食生活を実践できる能力を獲得し、社会における人々の食による健康を支援できる資質・能力を身につけた者。
  2. 本学のカリキュラム履修を通して基礎的な学習能力を養うとともに、栄養学の知識・理論を学びより深く問題を探求する能力を身につけた者。
  3. 本学カリキュラムの所定の卒業必修科目、栄養士必修科目、専門科目、基礎・教養科目より合計62単位以上の単位を修得した者。