栄養科学研究所の概要

栄養科学研究所は平成2年(1990年)10月1日に香川栄養学園に開設された研究機関です。これは前年の平成元年(1989年)に女子栄養大学に大学院博士後期課程が発足し、研究体制の高度化への対応が求められたことに加え、21世紀の健康なライフスタイルを研究することによって国民の健康な生活を維持・促進し、社会のより多くの方の健康づくりに活かして頂くことを目的としています。

 

香川栄養学園における研究の歴史は古く、現在の栄養科学研究所の前身である香川研究所は昭和11年(1936年)に現在の東京都文京区本駒込に創立されました。本学園創立者の香川昇三と綾は学園の創立に先立って東京大学医学部第一内科の島薗順次郎教授の指導のもと栄養学の研究を行っており、本研究所は栄養学の教育そして発展には研究が重要であるという本学園の理念を体現しています。

 

栄養科学研究所は「健康科学部門」、「実践栄養学部門」、「生活文化・社会科学部門」の3部門に加え、昭和43年(1968年)から大学内に開設されている栄養クリニックを駒込キャンパスに併設し、それぞれの視点から研究活動、教育、指導にあたっています。そして平成26年(2014年)9月からは新たに「スポーツ栄養学部門」が開設され、より運動・スポーツと食・栄養との関連について研究を行う体制整備を行っています。 またこれらの活動に加え、企業や病院・医療関連施設からの委託に応じた研究や講習も推進しており、食品の成分分析も成分分析センターで行っています。さらに講演会や講習会、研究所年報の発行等を通じて、栄養学に関する新しい知見の社会への発信や普及活動にも力を注いでいます。

 

研究部門

健康科学部門

医療・検査および基礎科学の観点から研究をおこない、人々の健康向上の探求を行っています。

実践栄養学部門

食物の成分や機能に関する研究、そして各ライフステージの人々に対する研究・栄養教育活動から、日常生活における実践的な調理技術や高度な栄養知識の普及を図っています。この部門にある「食品成分分析センター」では、多様な食品の栄養・機能性成分の分析等を行っています。

生活文化・社会科学部門

食と健康に関わる生活・文化・社会科学要因に関する研究から、国際的な食文化に対する理解と健康促進に向けたプログラムの開発を行っています。

スポーツ栄養学部門

食と運動による人々の健康の維持と促進におよぼす効果を探求し、食を含む関連要因に対する理解を深めてスポーツパフォーマンス向上の実現を行っています。

その他

 

関連施設

栄養クリニック

生活習慣病の予防と治療を目的に、食事指導をベースとした栄養教育プログラムの開発とその実践的展開を行っています。また、実践栄養学の専門家育成のための研修も行っています。

 

女子栄養大学栄養クリニックは一般の人間ドックにない「時間栄養学」「遺伝子栄養学」「精神栄養学」という新しい研究成果を応用しています。また、遺伝子解析には女子栄養大学と企業が協力して簡易、安価、迅速な「遺伝子多型解析装置」を開発しました。この装置は現在ベンチャー企業で高い収益を上げており、その原著論文は世界の遺伝子多型解析機の被引用数の10位にランクされました。

主な内容はPDFをご覧ください。

(PDF1) (PDF2) (PDF3) (PDF4)

 

事業内容

・委託研究の受託

・研究会、講演会及び公開講座等の開催

・研究資料の収集、整備及び保管

・海外の研究機関との研究交流

・研究報告書の刊行

・その他

 

産官民学連携

企業、自治体、非営利団体等との連携を推進するため、研究所内に受付窓口を設置しております。

お問い合せ先:TEL 049-282-3701  E-mail bunseki@eiyo.ac.jp