ヘッダブロック
研究室と教員
研究室・教員情報を検索します
成果・刊行物

本学刊行物  国立情報学研究所CiNii

  • 女子栄養大学紀要
  • 女子栄養大学栄養科学研究所年報
  • 教育学研究室紀要
香川栄養学園ロゴ
研究室紹介
実践運動方法学
教育・研究内容を表すキーワード
生活習慣病・運動方法・食育
[研究室スタッフ]

教授 金子嘉徳
専任講師 鞠子佳香
助教 長谷川千里
石垣久江
他卒研・ゼミ 11名


[教育・研究活動]

研究室では生活習慣病一次予防をはじめとする健康づくりに欠かすことのできない「運動」を、乳幼児から高齢者までのあらゆる世代を対象に楽しく実践する運動方法論について研究しています。

[研究テーマ]

・ 生活習慣病一次予防のための運動方法・用具の考案・開発 ・ 健康づくりの施設としての公園の研究 ・ 子どもの健康づくりを目指した運動プログラムの考案 ・ 地域の踊りの簡易化による生活習慣病のための踊りの考案・普及 ・ フィットネスゲーム機利用による集団指導方法の検討[研究成果の普及]研究室でこれまで考案、開発、改良した運動方法や運動用具は、約100種類になり、それらは国内の健康づくりの現場や、海外ではモンゴル、タイ、パラオなどで活用され高評を得ています。本年度は健康づくりの輪をより強力に広げていくために、料理の献立作成とダンスなどのパフォーマンス発表を組み合わせて競う「ヘルシークイーン・フェスティバル2009(コンテスト部門)」を2009年5月31日に開催しました。

・「てぬぐい体操」の動画はこちらからご覧いただけます。

●産学連携等へのシーズ

健康づくりを目的に考案・開発・改良した生活品を活用する運動方法・用具は多数あり、地域との連携による現場での利用は何度も実施してきましたので、連携による現場にあった健康づくりの運動の具体的提案等が可能と思われます。

 
   
Copyright (C) 2009 Kagawa Nutrition University. All rights reserved.
企業の方 一般の方 卒業生の方 ご父母の方 在学生の方 受験生の方 交通アクセス お問い合せ 願書・資料請求 検索 サイトマップ English 女子栄養大学 プライバシーポリシー Kagawa Education Institute of Nutrition