女子栄養大学短期大学部
食物栄養学科

学科の特色

食物栄養学科では、栄養学の理論と知識を学び、それを社会に還元できる人材の育成を目的としています。卒業生は栄養士として病院や保育園、高齢者施設などに就職するほか、食品企業の商品開発や販売促進、栄養教諭など多岐にわたる分野で活躍しています。また女子栄養大学やその他の大学、専門学校に編入・進学してさらに高度な専門性の修得を目指す人も多く、人々の健康増進に広く貢献しています。

「栄養学」から広がる「専門フィールド」の学び

調理のできる栄養士の養成を目指します

基礎調理学実習〈2〉

煮る・焼く・揚げる・蒸すなどの調理法別に、基本的な調理法と調味パーセントを習得。和・洋・中の献立調理や正月料理も体験します。毎回デモンストレーション後にミニテストと基礎実技の練習および試験を実施します。

基礎調理学実習〈2〉

栄養学実験実習

活動時の代謝量や骨密度の測定、シリアル摂取後の血糖変動や尿中成分を測定し、栄養状態や栄養素摂取量の評価を行います。また、ラットをたんぱく源の異なる飼料で飼育し、たんぱく質の栄養について学びます。

栄養学実験実習

情報処理・生物統計演習

コンピュータ実習室でワープロ、表計算、プレゼンテーション用の各ソフトの使い方を学びます。毎回課題を完成させ、後半には表計算ソフトの検定試験も受験。最後に各学生がプレゼンテーション資料を作成し、発表します。

情報処理・生物統計演習

日本語コミュニケーション

毎回、事前に発表したテーマに基づいて全員が2分程度のプレゼンテーションを行います。何を伝えたいのか、より説得力のあるプレゼンテーションのポイント、声の出し方、トーンなどを検証。大人の言葉による表現方法の習得を目指します。

日本語コミュニケーション

対象別栄養指導実習(栄養管理実習を含む)

各ライフステージへの栄養指導の方法や、食事計画を立てるために必要な知識と具体的な技術・方法を習得します。また健康増進の観点から疾病を理解し、予防のための栄養指導の進め方、留意点などを学びます。

対象別栄養指導実習(栄養管理実習を含む)

応用調理学実習

和・洋・中の献立を毎回グループで調理します。各献立様式を文化的側面から理解し、適切な切り方、加熱方法、味つけで調理できる力を養成。フランス料理やイタリア料理など、高度な調理技能の習得を目指します。

応用調理学実習

教職実践演習(栄養教諭)

栄養教諭として活躍できるよう、現場から取り寄せた献立・調理指示書をもとに給食指導計画を立案。小学校で給食指導を実践後、学生同士で再演し、課題の発見と解決に努めます。専門家による救命救急法の講習も受講します。

教職実践演習(栄養教諭)

フードワールド研修(実習)

学内外の研修、ボランティア、共通の課題に対応した活動などを行い、将来を見据えます。栄養士が関わる多種多様な「食」の現場を知り、その意義や課題を理解した上で、卒業後の進路について考えます。

フードワールド研修(実習)

健康管理スポーツ実践

「スポーツの実践で健康の維持・増進が図れるか」をテーマに学びます。スポーツは無酸素運動と有酸素運動の共存活動であり、技術を習得していないと運動強度を求めることが困難です。授業では実践可能な運動を取り上げ、運動強度を測定しながら「健康づくりに役立つか」を検討・評価します。

健康管理スポーツ実践

外国語コミュニケーション

調理関係の基礎的な英語の語彙能力を身につけ、栄養や食品の調理・準備などについて英語で説明できるようになることを目指します。栄養学と食物化学に特化した英語のテキストを活用し、毎回ロールプレイで会話力を高めます。

外国語コミュニケーション

給食管理実習と教育実習を通して、将来の自分の在り方をイメージする

給食管理実習(校外)

1年次の給食管理実習(校内)に引き続き
給食現場を体験して栄養士の役割を学ぶ

特定給食施設での栄養士業務の体験を通して、栄養士の役割や専門性について理解を深めることを目的とし、病院や学校、事業所、高齢者施設などから1施設を選び、1週間または2週間の実習を経験します。実習では施設の利用者に適した献立の作成等に携わることや、大量調理の現場を体験することで実践力が身につきます。

写真は給食管理実習(校内)の様子。2年次に行う校外実習前に、学内で大量調理の基礎を身につける。

■給食管理実習先 (2019年度抜粋)
病院
(独立)国立がん研究センター中央病院/(医)菊一会鶴ヶ島池ノ台病院/順天堂大学医学部附属順天堂医院/全国土木健康保険組合総合病院厚生中央病院/(医)啓仁会 所沢ロイヤル病院/(公)東京都保健医療公社荏原病院/(株)給食共同サービスリップル/(医)健和会みさと健和病院/(医)財団厚生協会東京足立病院/(医)仁寿会中村病院/日清医療食品(株)受託施設 など12施設
学校
文京区立小学校/柏市立小学校/西東京市立中原小学校/学芸大学附属世田谷小学校/(株)東洋食品受託施設 など7校
保育園
文京区立保育園/(社福)ユーカリ福祉会/(社福)カタバミ会/(社福)あかね福祉会/(社福)松葉の園/(社福)上宮会/(社福)雲柱社/(社福)みきの家/(社福)わかみや福祉会保育園 など15施設
高齢者施設
(社福)至誠学舎東京サンメール尚和・緑寿園/(社福)三徳会 品川区立荏原特別養護老人ホーム/(社福)東京老人ホームめぐみ園/(社福)清風園/(株)日京クリエイト受託会社
事業所
エームサービス(株)/(株)グリーンハウス/(株)ニッコクトラスト/シダックスコントラクトフードサービス(株)/ジヤパンウェルネス(株)/西洋フード・コンパスグループ(株)/(株)日京クリエイト/(株)LEOC など関連16施設

教育実習[栄養教諭]

小学校・中学校で栄養教諭として食に関する指導を実習

子どもたちが生涯にわたって健康な生活を営めるように、学校における食育の中心となるのが「栄養教諭」です。この免許を持つ人材が全国の小中学校に約5,000名配置されています。本学が創立以来、教育の目標としてきた「食を通して健康に」というテーマが子どもたちのいる学校教育の中に取り入れられています。栄養教諭免許状取得には1週間の教育実習が必須です。実習の中で多くのことを学び、成長した学生たちは報告会を通して後輩たちにその思いを伝えています。

■教育実習先(2019年度抜粋)
学校
東京都/埼玉県/千葉県/神奈川県/群馬県/茨城県/静岡県/沖縄県 計30校

大学編入(3年次)希望者のための学園内推薦編入学制度も用意

女子栄養大学への編入学を目指す学生に学園内推薦枠を設ける優先的な編入制度があり、この制度を利用して毎年多くの卒業生が女子栄養大学で学んでいます。

就職・資格

本学科は栄養士養成教育機関として長い歴史があります。栄養士としての求人のほかに、学んだ知識を活かすことができる商品開発や品質管理など食品技術者としての企業からの求人も充実しています。また、栄養教諭も輩出し、学校給食を通して栄養士としての専門性を活かした食育の推進に力を発揮しています。このように幅広い分野で多くの先輩たちが活躍しています。また、栄養士として就職した卒業生は、3年間の実務経験を積み、4年目以降に管理栄養士国家試験を受験、さらにスキルアップしています。

就職(2019年3月卒業生)

職種別実績

職種別実績

栄養士の勤務先内訳

栄養士の勤務先内訳

資格

食物栄養学科で取得できる資格。

  • 栄養士
  • 管理栄養士 [国家試験受験資格※1]
  • 栄養教諭二種免許状※2
  • フードスペシャリスト [在学中に、受験資格が得られる資格]
  • 家庭料理技能検定[学校法人香川栄養学園の商標登録済み資格]
  • 食生活指導士 一級[学校法人香川栄養学園の商標登録済み資格]
  • 情報処理技能検定

※1 栄養士として3年間の実務経験を要する。受験は卒業後4年目以降。

※2 条件によっては教職課程科目を履修できないこともあります。

学部・学科/短大ページへ戻る

ページの先頭へ