香川副所長がマレーシアで開催された国際シンポジウムで基調講演を行いました

去る1月17日(月)、香川雅春副所長・准教授がマレーシアに拠点を置くManagement & Science University(MSU)が主催した17th International Medical, Pharmaceutical, Cosmeceutical and Health Sciences Symposium (iMPaCHS)に基調講演の講演者として招待を受け、「Challenges in estimating body composition during pandemic (パンデミック時における体組成推定の課題)」の題で講演を行いました。

 

masa-image

 

Management & Science University:マレーシア・セランゴール州にキャンパスがある私立大学。2001年に開校し、2007年から大学として正式に認められています。約15,000人の学生と約700人の教職員が所属し、健康と生命科学部、ビジネスマネージメント学部、ホスピタリティとクリエイティブアート学部、国際医学部、教育と社会科学部、薬学部などがあります。2021年のTIMES世界ランキングでは601-800位となっています。

 

Management & Science University HP: https://www.msu.edu.my/