新型コロナウィルス(COVID-19) を防ぐ栄養学

新型コロナウィルス(COVID-19)を防ぐ栄養学 減量は中断して防御能を高めましょう   栄養科学研究所長 香川靖雄 女子栄養大学の栄養科学研究所はその前身の戦時中から、国民の危機に際して栄養学上の重要な提案を国民と政府に行って来ました。今回の新型肺炎への栄養学的対処も「栄養と料理」(女子栄養大学出版部)の6月号に解説しますが、出来るだけ早く伝えるため、要点を栄養科学研究所のホームページからお伝えします。 昨年末から中国武漢市で発生した新型肺炎はCOVID-19と命名され日本や世界で大きな問題となっています。伝染病ですから濃厚感染の機会を減らし、手洗いを始めとする予防が第一です。新型コロナ専門家会議が指摘するように「なんとか持ちこたえているが、爆発的な感染爆発を予防する必要」があります。しかし、今や明確な感染者は千人に迫り、同会議が「半数は誰から感染したか不明」と言うように不顕性感染者からの感染を防ぐことが困難になりました。COVID-19の検査が普及して多数の陽性者が病院に押し寄せれば医療が崩壊するので、自宅で療養するには感染防御能を高める他ありません。COVID-19による感染は風邪と似た鼻水、咳、軽い発熱などの症状から始まります。風邪が一般的に2-3日で治るのに対して、COVID-19による感染の場合は発熱、頭痛、咳、倦怠感が4-5日間続きます。感染した場合も大部分は治りますが、重症者は37.5℃程度の発熱、咳、強い倦怠感が3-5日あり、消化器症状を伴うこともあります。さらに重症化すると、1週間後には肺炎を起こして呼吸が苦しくなり、肺機能が侵されると人工呼吸器が必要となります。今までにない新しいウイルス感染症ですから、特効薬もワクチンもありません。しかし、ヒトにはあらゆる病原体に対して非特異的な感染防御能があります。この時に大事なのは栄養です。COVID-19感染後に生死を分けるのは十分な抗体が出来るまでの1~3週間の肺炎・高熱に耐える非特異的な感染防御能です。低蛋白血症(アルブミン3.5g/dl未満)が11~22倍も肺炎罹患率を高め、BMIが18...
2020年7月15日0 DownloadsDownload