女子栄養大学大学院 文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小

留学生メッセージ

母国で栄養教育に携わり
多くの人の健康へ貢献したい
栄養学専攻 2年
出身国 中国
日本での滞在年数 4年
姚 安莉(ヨウ アンリ)
現在中国では、健康教育または学校での食教育の専門人材が不足しています。そのため私は日本の栄養、食教育について勉強し、さらなる研究を進めていきたいと考えるようになりました。現在は日本における社会経済状態または保護者の食生活・食に関する知識が子どもの食生活・栄養状態にどのような影響を及ぼしているかを研究しています。研究の傍らで、友人と共に東京北区で子ども食堂を立ちあげ、自分の栄養知識を活用しながら、子どもの支援活動もはじめました。卒業後は母国に帰って、栄養教育に関する仕事をする予定です。またボランティアとして、貧困地区の子どもたちに対する食教育に携わりたいとも思っています。女子栄養大学大学院に進学したことで、学会やセミナーに参加したり、各分野の授業を聞いたりと、自身の視野を広げる機会に恵まれました。先生方は常に新しい啓発や刺激を与えてくださり、より学びたいという意欲が湧いてきます。日々の生活でも、先生方や院生の皆さんに支えていただきながら、有意義な留学生活が過ごせています。自分の栄養知識・栄養教育に関する能力を伸ばし、多くの人の健康教育へ貢献できることを願っています。
Copyright ©2009-2019 Kagawa Nutrition University. All rights reserved.  
入学案内 進路状況 キャンパスライフ 資格インデックス 研究室・教員紹介 研究科・専攻紹介 大学院紹介 交通アクセス お問い合わせ 願書・資料請求 サイトマップ English 女子栄養大学大学院 プライバシーポリシー 関連リンク 香川栄養学園 香川栄養学園