貧血の原因

貧血の原因って、どんなこと?
貧血を招く原因の大部分は、鉄不足です。鉄は、血液中で酸素運搬の役割を果たすヘモグロビンを構成する重要な成分の1つです。不足すると、ヘモグロビンが体内で生成されずに減少してしまい、貧血となってしまうのです。この鉄不足による貧血を「鉄欠乏性貧血」と言い、日本人の貧血患者の約7割、女性全体の約1割が該当するとされています。
他には、ビタミンB12の不足(ビタミンB12欠乏性貧血)や葉酸の不足(葉酸欠乏性貧血)が原因として挙げられます。また、体の機能障害や他の病気など何らかの原因によって赤血球が上手く作られなくなったり、減少したりすることで、貧血が起こるケースもあります※。
※再生不良性貧血、溶血性貧血、続発性貧血など
鉄の不足は、どうして起こるの?

鉄が不足する原因は大きく分けて、「摂取不足」「必要量の増加」「喪失量の増加」の3つです。

激しいスポーツに要注意!

激しい運動をすると大量の汗とともに鉄も失われるため、鉄不足になり、貧血に陥りやすくなります。また、運動の際の呼吸に伴って酸素の消費量が増えるため、自然と鉄の消費量も増えます。
成長期には、筋肉や血液を作るために、ただでさえ多くの鉄を必要とします。特に、中高生で競技時間が長く、運動量の多いスポーツを行っている人は、注意が必要です。激しいスポーツを行う可能性のある人は、常日頃から鉄を多く含んだ食事をとることを心掛けましょう。

講義内容一覧