ほうれん草のサンセバスチャン
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他

その他

  • 0 kcal
  • 0 g
  • 60 分
  • タンパク質 0 g
  • 脂質 0 g
  • 炭水化物 0 g
  • 食物繊維 0 g

リフレッシュ

おやつや塾前に

材 料分量(1人分)
スポンジ(ほうれん草)
ほうれん草60g(10g)
牛乳20g(3g)
薄力粉30g(5g)
サラダ油20g(3g)
卵黄2個(1/3個)
砂糖30g(5g)
卵白2個分(1/3個分)
スポンジ(プレーン)
薄力粉50g(8g)
砂糖60g(10g)
卵黄2個(1/3個)
溶かしバター20g(3g)
卵白2個分(1/3個分)
バニラエッセンス2,3滴
チーズクリーム
生クリーム200g(32g)
クリームチーズ50g(8g)
グラニュー糖40g(6g)
バラチョコ
抹茶チョコ130g(20g)
砂糖5g(1g)
5g(1g)
水あめ30g(5g)
  • (1)
    スポンジ台(ほうれん草)を作る。 ①ほうれん草は茹でて水にさらし、よく絞ってサラダ油、牛乳とともにフードプロセッサーにかけペースト状にする。 ②卵黄と砂糖半量を白っぽくふわっとなるまで混ぜ、①とふるった薄力粉を加えてその都度よく混ぜる。 ③卵白に残りの砂糖を入れてよく泡立て(メレンゲ)、1/3ずつ2に加えてゴムベラで切るように混ぜる。クッキングシートを敷いた型に入れ、170℃で25~30分焼く。焼けたら網に乗せて粗熱をとる。  
  • (2)
    スポンジ台(プレーン)を作る。 ①卵白に砂糖を3回に分けて加えながら泡立てる。 ②角が立つまで泡立てたら卵黄、バニラエッセンス、ふるった薄力粉、溶かしバターを加えてその都度よく混ぜる。 ③クッキングシートを敷いた型に入れ、170℃で25~30分焼く。焼けたら網に乗せて粗熱をとる。
  • (3)
    チーズクリームを作る。 ①室温に戻したクリームチーズとグラニュー糖を泡だて器ですり混ぜる。 ②別のボウルで7分立てのホイップクリームを作り①と混ぜ合わせる。
  • (4)
    バラチョコを作る。 ①チョコレートを刻み、40℃以下の湯せんでゆっくり溶かす。 ②水あめ、砂糖、水を合わせて電子レンジで温め溶かす。チョコレートと同じ温度まで冷ます。 ③1と2を合わせて冷まし、ラップ2枚に挟んで薄く延ばして小片に分ける。小片を1枚ずつ手でバラの花びら形に成形し、巻きつけるように重ねてバラの花を作る。
  • (5)
    2色のスポンジ台はそれぞれ厚みを半分に切る。円の半径を4等分する同心円状にスポンジ台を丸く切る。同様にして4枚作る。
  • (6)
    2色が互い違いになるようにスポンジ台を組み合わせ、外側のスポンジ台の色が互い違いになるように4段を重ねる。この時、段の間にチーズクリームを薄く塗って接着する。
  • (7)
    スポンジ台の上面と外側にもチーズクリームを薄く塗り、上面にバラチョコを飾る。
✱Color Day✱ この料理は、2016年7月24日(日)開催のオープンキャンパス(Color Day)の特別企画『緑の料理コンテスト』に応募した学生サポーターが作成したものです。

‣ほうれん草は鉄をはじめとするミネラルはもちろんのこと、ビタミンA、ビタミンK、葉酸などビタミン類も豊富です。野菜嫌いの人にも食べてもらいたいと思い、甘くてほうれん草の味があまりしないケーキで美味しく食べてもらおうと見た目のかわいいこのケーキを考えました。
‣プレーンのスポンジは栄大レシピです。
※材料表は15㌢丸型1台の分量です。( )内に1人分(1/6ピース)の分量を示しました。

※応募時に栄養価を表示してあったものは数値をそのまま掲載、表示のなかったものはすべて0と表示しています。