サバの塩麹漬け焼き
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主菜

学食

  • 245 kcal
  • 1.3 g
  • 90 分
  • 60分
  • タンパク質 17.3 g
  • 脂質 12.8 g
  • 炭水化物 13.2 g
  • 食物繊維 1.2 g

体重を減らしたい

材 料分量(1人分)
サバ80g
塩麹8g
さつま芋35g
赤パプリカ15g
揚げ油3g
サニーレタス10g
  • (1)
    サバは全体に塩麹をまぶしつけてしばらくおく。
  • (2)
    さつま芋は皮をつけたまま太めの拍子木切りにする。パプリカは乱切りにする。水けをよくふきとり、それぞれ素揚げにする。
  • (3)
    1を軽く水洗いする。(洗わなくて良い塩麹もあります。表示をご確認ください。) 天板にのせ、170℃のオーブンで10分ほど焼いて火を通す。
  • (4)
    器にサニーレタスを敷いて3を盛り、2を添える。
塩焼きではなく、塩麹に漬けることで、塩味の中に甘味も加わり、美味しくふっくらした焼き魚になります。
塩麹は麹と塩、水を混ぜて発酵・熟成させた日本伝統の調味料。さまざまな料理に使うことができます。
魚を漬けておいて焼くだけなので、手をかけられないときのお助けメニューになります。どんな魚にも合いますし、お肉でも良いでしょう。塩麹ブームの時に登場し、今も根強い人気メニューです。