保健栄養学科 栄養科学専攻

学科の特色

栄養士教育を基盤とした幅広い能力を有する専門家を養成します

  • 栄養学を礎に、「臨床検査学」「家庭科教育」「運動の科学」「安全で豊かな食の科学」に関する知識と技能を教授します。
  • 現代社会のさまざまな場面やライフステージで「食による健康の維持・改善」を実践して、健康で幸福な人間・社会を目指して行動する人材を育てます。

栄養士教育と4つのコース

栄養士教育[全ての学びの土台]

現代社会のさまざまな場面やライフステージで、食による健康の維持・改善を図ることができる栄養士資格を持つ人材を養成する。
栄養士は食事や栄養の面から健康にアプローチし、より豊かな「食」と「生活」を支援します。特定給食施設において活動するばかりでなく、フィットネスクラブなどで栄養・食事相談を行ったり、企業で商品や新メニュー開発を行うなど、その活躍のステージは幅広くあります。

4年間の学びの流れ

1年次の前期に各コースの初期体験学習を開催することで、学生が自分に合ったコースを選び、希望の進路に就けるようにサポートしています。各コースの専門教育は2年次から本格的に始まります。

実践力と応用力が身につく、多彩な授業

食事計画実習

食事摂取基準を活用し、女子大生を対象にした1日単位・1食単位の食品の使用量や献立作成の基本を学びます。考案した献立をもとに調理・試食し、最後に発表も行います。

応用調理学実習

臨床検査学
コース
免疫検査学実習

免疫検査での反応と原理、測定方法などを学んだ後、自分の血液から分離した血清を使って検査を行います。免疫検査の試料や機器の取り扱い方や検査技術を修得します。

輸血検査学実習

家庭科教職
コース
衣構成学実習Ⅱ

伝統的な衣服である和服に関する知識と技術を身に付けます。実際に授業内で浴衣を製作し、和服の構成と着装を体験。家庭科教員としての衣服製作の指導力を高めます。

教育相談

健康スポーツ
栄養コース
スポーツトレーニング方法論実習

健康づくりを目的とした運動、スポーツに求められる「体力」の概念を知り、体力の諸要素を高めるために行うトレーニング全般についての指導方法を学習します。

運動指導法演習

食品安全
管理コース
食品官能評価・物理的評価実習

食品の嗜好性の評価に用いられる官能評価(主観的評価)と物性評価(客観的評価)の手法について、具体的な飲食物を用いながら実験・統計処理を通して学びます。

食品安全管理研究実習

臨床検査技師国家試験合格状況

合格者数
31名
(2018年2月実施・32名受験)

臨床検査技師の国家試験において、毎年全国を上回る新卒者合格率を誇ります。2018年2月実施の臨床検査技師国家試験は、32名中31名合格、97%の合格率を誇ります。

就職・資格

生活科学に精通し、幅広く高度な知識を身に付けた栄養士としてさまざまな分野に進出。栄養士資格を持った臨床検査技師として、各地の病院や検査センターへの就職実績を重ねています。倍率の高い家庭科教諭の採用試験にも毎年合格者を輩出しています。

就職(2018年3月卒業生)

職種別実績

資格

栄養科学専攻で取得できる資格。

※コース選択により異なる

・・・臨床検査学コース・・・家庭科教職コース・・・健康スポーツ栄養コース・・・食品安全管理コース

  • 臨床検査技師 [国家試験受験資格]※2
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状「家庭」※2
  • スポーツリーダー ※2
  • スポーツ栄養実践指導者 [学校法人香川栄養学園の商標登録済み資格]※2
  • フードスペシャリスト [在学中に、受験資格が得られる資格]※2
  • 食品微生物検査技士 [在学中に、受験資格が得られる資格]※2
  • 栄養士
  • 管理栄養士 [国家試験受験資格] ※1
  • 家庭料理技能検定 [学校法人香川栄養学園の商標登録済み資格]
  • バイオ技術者 [在学中に、受験資格が得られる資格]
  • 食品衛生監視員 [大学卒業後、実務に就いた場合に得られる任用資格]
  • 食品衛生管理者 [大学卒業後、実務に就いた場合に得られる任用資格]
  • ※1 栄養士として1年間の実務経験を要する。受験は卒業後2年目以降。
  • ※2 コース選択により異なる

学部・学科/短大ページへ戻る

ページの先頭へ