食文化栄養学科

学科の特色

私たちの食生活は、食品製造業、外食産業、食品流通業、農業、水産業など、多様な食関連市場によって成り立っています。また日本は世界でも有数の豊かな食文化を誇っています。食文化栄養学科では、豊かで健康的な食 生活を提案し、メニュー・商品開発、レストラン・カフェなどの企画や運営、食品のパッケージ制作、食育、食を通した地域活動などに役立つ実践的な学問を修得し、地域社会や食産業の発展を推進できる食の専門家を養成します。

卒業後の活躍の場を考えて、履修する5つのコース

食の文化探究コース

地域特性を踏まえた食活動を計画・実施

食を文化、社会的な観点から体系的に学び、地域食材のブランド化や和食の海外展開など、食文化の発信・創造について研究します。

食の文化探究コース
学びのキーワード

  • 日本・海外の食文化
  • 地域振興
  • フードシステム
  • 広告宣伝・メディア論
  • 食育

期待される活躍の場

  • 行政
  • 観光業
  • 農業法人
  • 出版・情報など

食のサービスコース

店の企画・運営・経営・メニュー開発

外食店の企画やテイクアウト商品の開発、食空間コーディネートの技術や方法論までフードサービスの実践知識を身に付けます。

食のサービスコース
学びのキーワード

  • 店舗運営
  • フードサービス
  • マーケティング
  • マネージメント
  • 食の安全・衛生
  • テーブルコーディネート

期待される活躍の場

  • 外食企業
  • 中食(弁当・総菜)企業
  • 起 業(カフェ、ショップ、レストランなど)
  • ホテルなど

食の表現コース

食を通したさまざまな情報発信

食材の生産から調理方法、食事の場の演出など食を切り口にした創造・表現手法を学び、メッセージを発信する力を高めます。

食の表現コース
学びのキーワード
  • メディア編集
  • パッケージ
  • ホスピタリティ
  • テーブルコーディネート
  • フードコーディネート
期待される活躍の場
  • フードコーディネーター
  • テーブルコーディネーター
  • 料理研究家
  • 食情報の編集・出版など
  • 料理・お菓子教室など

食の企画コース

商品開発・流通

生産から加工、流通販売まで食ビジネスにおける幅広い知識を身に付け、商品開発や流通業などで活躍する人材を育成します。

食の企画コース
学びのキーワード
  • 商品開発
  • マーケティング
  • 食品加工
  • 食品衛生
期待される活躍の場
  • 食品メーカー
  • 外食産業
  • 流通(卸・小売)業など

調理・製菓プロフェッショナルコース

別途実習費・学用品費が必要です(約30 万円)。
プロとして食を提供

調理師やパティシエールを目指すコースです。2 年間の学びを土台に3年次の1年間、香川調理製菓専門学校で技術を学びます。

香川調理製菓専門学校

調理・製菓プロフェッショナルコース
学びのキーワード
  • 調理
  • 製菓
  • 製パン
期待される活躍の場
  • 調理師
  • パティシエール
  • 料理研究家
  • 料理教室
  • カフェ経営
  • 中食企業
  • ホテル
  • 食品・菓子メーカー など

食に関する多分野の専門知識と技術を修得できるカリキュラム

Webデザイン実習

ホームページ作成の基礎を身に付け、その技術を応用しながら既存の料理本をアレンジしたり、料理に関する簡単なオリジナルのWebページを作成します。

Webデザイン実習

食コーディネート論実習

食を演出するための知識やスキルを習得します。料理雑誌の企画や撮影、ワインやチーズ、紅茶、コーヒー、懐石料理などのテーブルセッティングを学びます。

食コーディネート論実習

パッケージ論(デザインを含む)

食品パッケージの役割や機能、食品表示、デザインについて学び、実際にパッケージを作ります。包む、折る、結ぶなどの所作を通した「贈る」という行為についても考えます。

パッケージ論(デザイン含む)

営業調理実習

学生が開発したメニューをもとに、学内施設で飲食店運営を行います。店舗づくり、料理の商品化、カフェ営業、クレーム対応など体験を通して学びます。

営業調理実習

製菓・製パン実習

材料や器具の特徴と扱い方を理解し、和菓子・洋菓子・パン・シュガークラフトを作ります。計量から仕上げまで各自全工程を実習し、出来上がりを撮影、記録、自己評価をします。

製菓・製パン実習

国際食活動フィールドワーク実習(ベトナム研修)

山岳の貧困村で子供の栄養改善活動の現状を視察。また市場視察、北部と南部のベトナム料理比較、食具や植民地時代の食の名残りなどを学びます。

国際食活動フィールドワーク実習(ベトナム研修)

テーブルカラーコーディネート論

食空間におけるカラーの役割を理解し、その演出方法を修得します。リネン、陶磁器、グラス、銀器などを使用し、コーディネートの手順とポイントを学びます。

テーブルカラーコーディネート論

4年間の学習成果の集大成「食文化栄養学実習」

食文化栄養学実習

食文化栄養学科では、4年間の学びの集大成の必修科目として、3年次後期からゼミ形式で1 年半食文化栄養学実習(卒業研究)に取り組みます。この実習は、情報収集力、分析力、企画力、表現力などを統合する力を養うことを目的とし、食をさまざまな視点から学びます。

食文化栄養学実習

食文化栄養学実習発表会

4年生が実習の成果を報告するために、6月と12月に開催されます。一般公開しているこの発表会は、学科の学生と教員だけでなく、学外の多くの方々から意見をいただける貴重な場でもあります。 また、この発表会は学生実行委員会を中心に企画・運営されます。冊子、ポスターの制作や運営など事前準備から当日の受付、司会進行まで学生が行うことも、この発表会の特徴です。

食文化栄養学実習発表会
食文化栄養学実習発表会

就職・資格

栄養学を基礎に食文化や食情報に精通しているという特徴から、幅広い活躍の場があります。
食品産業、外食産業、流通系などの業種で大いに期待されています。創造性、表現力が認められて企画や広報職に就く人もいます。調理の実力が評価され、料理教室助手、調理師学校職員になる人や、数年後に自分で店を始めた先輩もいます。本学の女子栄養大学短期大学部からの編入生は、栄養士として活躍している人もいます。

就職(2017年3月卒業生)

職種別実績

食文化栄養学科を卒業後、短期大学部のキャリアコースに入学し、栄養士資格を取得することも可能です。

資格

食文化栄養学科で取得できる資格。

  • フードスペシャリスト [在学中に、受験資格が得られる資格]
  • フードコーディネーター3級
  • 調理師orラッピングクリエーター3級 ※1
  • 家庭料理技能検定 [学校法人香川栄養学園の商標登録済み資格]
  • 食生活指導士 一級 [学校法人香川栄養学園の商標登録済み資格]

※1 調理・製菓プロフェッショナルコース(希望者のみ、定員各10名)
3年次に学園併設の香川調理製菓専門学校調理師科または製菓科へ入学して取得します。

学部・学科/短大ページへ戻る

ページの先頭へ