入試情報 募集要項や入試にまつわるデータ集はこちらから。自分に合った受験方法がきっと見つかります。

募集人員・入学試験日程

2019年度(平成31年度)入試インフォメーション

募集人員

※横スクロールで表全体が閲覧できます

学部・学科専攻 栄養学部 短期大学部
実践栄養学科 保健栄養学科 食文化栄養学科 食物栄養学科
栄養科学専攻 保健養護専攻
入学定員 200 100 050 087 160
アクティブ・ラーニング入試 - 012 008 025 025
推薦公募推薦1期 040 005 005 005 015
公募推薦2期 - - - - 005
卒業生子女推薦 若干名 若干名 若干名 若干名 若干名
指定校推薦 040 025 007 021 045
一般入試1期 052 028 013 015 045
2期 025 010 005 005 010
3期 003 002 002 003 002
センター試験
利用入試
1期 037 016 008 010 010
2期 003 002 002 003 003
社会人特別入試 1期 若干名 - - 若干名 若干名
2期 - - - - 若干名
3期 - - - - 若干名
私費外国人特別入試 若干名 若干名 若干名 若干名 若干名

編入学

※横スクロールで表全体が閲覧できます

学部・学科専攻 募集人員(3年次)
栄養学部
実践栄養学科 保健栄養学科 保健養護専攻 食文化栄養学科
編入学1期 005 005 005
編入学2期 005
外国人留学生特別編入 若干名
学園内推薦編入 015 010
指定校推薦編入 若干名 若干名

入学試験日程

試験会場
坂戸キャンパス
駒込キャンパス
新潟会場
静岡会場
宇都宮会場
長野会場

※横スクロールで表全体が閲覧できます

願書受付期間 試験期日・試験会場 合格発表 入学手続期限
(学納金等納入期限)
栄養学部 短期大学部
アクティブ・ラーニング入試
(栄養科学専攻)
(保健養護専攻)
(食文化栄養学科)
(短期大学部)
2018年8月27日(月)
~8月31日(金)
9月8日(土)
9月8日(土)
9月14日(金) 9月28日(金)
指定校推薦 2018年10月22日(月)
~10月26日(金)
出願時に郵送 11月9日(金) 11月16日(金)
公募推薦1期 11月4日(日)
11月3日(土・祝)
卒業生子女推薦
社会人特別入試1期
(実践栄養学科)
(食文化栄養学科)
(短期大学部)
公募推薦2期
(短期大学部)
2018年11月26日(月)
~11月30日(金)
- 12月8日(土)
12月14日(金) 12月20日(木)
一般入試1期 2019年1月5日(土)
~1月22日(火)
1月29日(火)
2月2日(土)
【1次締切】
2月7日(木)
【2次締切】
2月22日(金)
一般入試2期 2019年1月5日(土)
~1月28日(月)
2月5日(火)
2月10日(日) 2月22日(金)
社会人特別入試2期
(短期大学部)
センター試験利用入試1期 2019年1月5日(土)
~1月18日(金)
1月19日(土)・20日(日)
大学入試センター試験
一般入試3期 2019年2月12日(火)
~2月22日(金)
3月3日(日)
3月7日(木) 3月14日(木)
社会人特別入試3期
(短期大学部)
センター試験利用入試2期 1月19日(土)・20日(日)
大学入試センター試験
私費外国人特別入試 2018年12月3日(月)
~12月7日(金)
2月5日(火)
2月5日(火)
2月10日(日) 2月22日(金)

一般入試1期では入学手続をニ段階に分け、1次入学手続締切日(2月7日(木))までに入学金を納入し、2次入学手続締切日(2月22日(金))までにその他の学費等を納入する二段階納入方式も選択できます。

編入学試験(3年次)

※横スクロールで表全体が閲覧できます

願書受付期間 試験期日・試験会場 合格発表 入学手続期限
(学納金納入期限)
実践栄養学科 保健養護専攻 食文化栄養学科
編入学1期
(実践栄養学科)
(食文化栄養学科)
(保健養護専攻)
2018年10月1日(月)
~10月5日(金)
10月14日(日)
10月19日(金) 11月2日(金)
外国人留学生特別編入
(食文化栄養学科)
指定校推薦編入
(保健養護専攻)
(食文化栄養学科)
10月14日(日) 書類審査と小論文
(出願時に郵送)
編入学2期
(食文化栄養学科)
2019年2月12日(火)
~2月22日(金)
3月3日(日)
3月7日(木) 3月14日(木)

身体に障害がある入学志願者についての注意

疾病、身体機能の障害のため、受験あるいは修学上特別な措置を必要とする志願者は、出願手続をする前のできるだけ早い時期に入試広報課へ照会してください。
入学後の学習(資格取得のために必須である学内での実験・実習および、学外実習などを含む)との関係を考慮し、必要な場合には志願者との面談、診断書類の提出などをお願いすることもあります。

受験に際して、普段使用している補聴器や歩行補助器具(車椅子・松葉杖など)を使用する場合も、試験場の設定や特別措置などの関係から必ず出願期間中に申し出てください。
出願期間終了後の申し出については、準備の都合上、受験時に特別な配慮ができかねる場合がありますので、ご注意ください。また、場合によってはご希望に沿えないこともありますので、予めご了承ください。

ページの先頭へ