ISAK身体計測講習会(2018夏コース)開催のお知らせ

 健康およびスポーツ科学の領域で国際基準として知られているInternational Society for the Advancement of Kinanthropometry (ISAK:国際キンアンソロポメトリー推進学会)による身体計測講習会が以下の日程で国立健康・栄養研究所で開催されます。

 

 本講習会は、International Society for the Advancement of Kinanthropometry (ISAK)が標準化した身体計測(身体の各部位の計測、皮下脂肪厚や周径囲など)を行う技術を身につけるための講習です。身体計測に関する理論を学ぶとともに、多くの時間を割いての実習を行うことにより精度の高い身体計測技術を身につけることができます。また、最終の試験および測定誤差の審査に合格することで、ISAKにより4年間有効な国際身体計測技師として認められ、精度が確認された測定を行うことができます。講習のコースは初級段階のレベル1から4段階にわかれています。本講習で学ぶ技術は、栄養状態、生活習慣やトレーニング効果などの評価判定に有益なものであり、また国際的に共通した技法であるために、今後の国際協力事業や国際共同研究での活用が期待できます。

今回は、レベル1およびレベル2の講習コース、そして再試験の実技試験を開催いたします。

 

 レベル1:9月21日(金)-9月23日(日)

 レベル2:9月1日(土)、2日(日)、9月21日(金)―9月23日(日)

    再認定:9月23日(日)

 

【レベル1】

 初めてISAKによる身体計測の講習を受ける方は、このコースの受講となります。このコースでは、身長、体重、8か所の皮下脂肪厚、5か所の周囲径、2か所の幅径を適切な精度で測定できることを目指します。

【レベル2】

 すでにレベル1を終了しより深い知識と技術を身に付けることを希望される方はこのコースの受講となります。このコースでは4つの基本項目、8か所の皮下脂肪厚、13か所の周囲径、8か所の長径と9か所の幅径の計測技術を身に付けます。

【再試験】

 正確に計測できる状態を維持するためには、定期的に計測を実施して技術を維持することが重要です。そのため4年ごとに再度、試験を受験し、20人のプロファイルを提出して技術を確認できる機会を提供します。再試験は、これまでにレベル1またはレベル2に合格した後、有効期間が切れて2年以内の方およびもうすぐ切れる方を対象に行います。以前に受講したレベル1、レベル2のコースは、どこで講習を受けたかが明確であることが必要です。

 

※2017年から世界中の身体計測技師はISAKの新しいウェブサイト(ISAK Global:http://isak.global/)上でお互いに検索しメールで連絡を取り合えるようになりました。そのため無事認定された方はメールアドレスが公開されることとなりますので、現在ご使用されているメールアドレスの公開を希望されない方は、Gmailやhotmailなどのフリーメールでアカウントを作成しておかれると良いと思います。

 

コースの詳細は募集要項をご覧ください。

またコース受講をご希望の方は下記の申込書にご記入のうえ東洋大学 岩本紗由美准教授(siwamoto@toyo.jp)までご連絡下さい。

コース申込書 (pdf版)(word版

 

・手続きの関係上、お申込みは定員に達し次第締め切らせて頂きます

・お申込を頂いた受講生の皆様には受講料の振込期日を2018年7月31日(月)とさせて頂きます。

・受講お申し込み後のキャンセルによる受講料の払い戻しは原則行っていませんので、その旨ご了承いただける様お願い致します。

・尚、参加希望申し込みメールを送った際、通常2日以内に手続き詳細についてのメールが返送されてきます。3日以内に返送メールがない場合は、再度問い合わせをお願いします

 

沢山の受講希望を頂きどうもありがとうございました。

定員に達したため、レベル1およびレベル2コースのお申し込みを締め切らせて頂きます。ご了承ください。