栄養科学研究所 客員教授・客員研究員プロフィール:太田 敏子

氏名 太田 敏子
最終学歴(学位) 1967 東京都立大学理学部生物学科(理学博士)
主な経歴 1967 国立予防衛生研究所 抗生物質部 厚生技官
1980 自治医科大学 研究技官
1991 国立大学法人 筑波大学 講師・助教授・教授を経て筑波大学名誉教授
2008 国立研究所開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 嘱託
研究テーマ 宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の統合評価(JAXA/女子栄養大学共同研究)
主な著書・論文 1. Kazuya Morikawa, Aya J Takemura, Yumiko Inose, Melody Tsai, Le Thuy Nguyen Thi, Toshiko Ohta, and Tarek Msadek. 2012, Expression of a cryptic secondary sigma factor gene unveils natural competence for DNA transformation in Staphylococcus aureus. PLoSPathogen,8(11):e1003003.
2. Ohniwa RL, Morikawa K, Wada C, Ohta T and Takeyasu K. 2011, Nucleoid Architecture and Dynamics in bacteria. Encyclopedia of DNA Research, Nova Science Publishers, Inc. 89-116.
3. Ohniwa RL, Morikawa K, Kim J, Ohta T, Ishihama A, Wada C and Takeyasu K. Dynamic state of DNA topology is essential for genome condensation in bacteria. EMBO J. 25: 5591-5602, 2006.
4. Morikawa K, Ohniwa RL, Kim J, Maruyama A, Ohta T and Takeyasu K. 2006, Bacterial nucleoid dynamics: oxidative stress response in Staphylococcus aureus. Genes Cells, 11:409-423.
5. Kuroda M, Yamashita A, Hirakawa H, Kumano M, Morikawa K, Higashide M, Maruyama A, Inose Y, Matoba K, Toh H, Kuhara S, Hattori M, Ohta T. 2005, Whole genome sequence of Staphylococcus saprophyticus reveals the pathogenesis of uncomplicated urinary tract infection. Proc Natl Acad Sci USA. 37: 13272-13277.
6. Kuroda M. et al. 2001, Whole genome sequencing of methicillin-resistant Staphylococcus aureus, the major hospital pathogen. Lancet 357: 1225-1240.
所属する学会および社会貢献 日本生化学会評議員、日本ブドウ球菌研究会運営委員、日本分子生物学会会員、日本細菌学会会員、日本宇宙航空環境医学会会員、筑波サイエンスアカデミー協会役員、筑波大学生命科学研究科倫理委員会外部委員、女子栄養大学評議員
主要な獲得外部資金/受賞歴 ・科学研究費補助金 基盤研究、重点領域研究
・科学研究費補助金 国際学術研究、
・未来開拓ゲノム微生物プロジェクト、
・大型特定研究 タンパク3000プロジェクトなど。
Researchmap等個人URL 無し