ご紹介皆様へ会館案内事業の案内
取材ルポ卒業生だより変更届

 


香友会支部活動のご紹介

香友会には、北海道から沖縄県まで全国47都道府県すべてに支部があります。また、海外には「香友会韓国同窓生の会」があります。各支部では、支部総会をはじめ、郷土色を取り入れた料理講習会や最新の知識を学ぶ研修会、また、バス旅行や食べ歩きなどの親睦会を企画し、在住会員が集って研鑚を積み親睦を深めています。また、近隣の複数の支部が集まりブロック単位での活動も展開しています。会員の皆様は、在住地や近隣の支部活動に積極的に参加しましょう。各支部の活動状況や支部活動(行事)への参加方法などは、香友会事務局までお問い合わせください。
掲載中の支部活動はこちら

 


香友会支部ブロック活動のご紹介

香友会支部は、近隣の複数の支部が集まったブロックでの活動も積極的に推進しており、運営を担当する支部を中心に地域性豊かなプログラムが組まれ、多くの会員が参加して最新の知識を学ぶとともに交流を図っています。
香友会支部ブロック分け一覧
ブロック名
支部(47支部)・同窓生の会
北海道
北海道
東 北
青森、岩手、秋田、山形、宮城、福島
北関東
茨城、群馬、栃木
南関東
埼玉、千葉、東京、神奈川
北信越
長野、新潟、富山、石川、福井
中 部
山梨、静岡、愛知、岐阜、三重
近 畿
滋賀、京都、奈良、大阪、兵庫、和歌山
中 国
岡山、広島、山口、鳥取、島根
四 国
香川、愛媛、徳島、高知
九 州
福岡、大分、長崎、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
海 外
韓国同窓生の会
掲載中の支部ブロック活動はこちら

 

〈栃木支部〜研修会開催報告〜〉

 

 平成29年12月10日(日)、本学学長の香川明夫先生をお迎えして研修会を開催しました。
「これからの食育について」の演題で、支部会員の皆様のほか、学校給食・病院給食・事業所給食などに携わっている方々の参加がありました。
 国では「第3次食育推進基本計画」が実施され、それぞれの到達目標に向かって取り組んでいるところです。昭和の時代は栄養不足を補う食育が中心でしたが、平成の時代は、栄養の過剰や不足による健康障害が増え、また、食の外部化が進み、家で食事を作ることが減ってきているなど、食形態が急変する中での食育となっています。さらに対象者をよく知った上で、多方面からのアプローチが大切であることなどのご講演をいただきました。
 先ごろ、和食がユネスコ無形文化遺産に登録されました。この文化を受け継いでゆくためには、これから日本を担ってゆく子供たちへの食育が重要になってきます。学校給食に携わっているものとして、実りある研修会でした。

 〔栃木支部副支部長 矢部玲子・学部昭和54年卒(栄養教諭)〕

 

 

〈香友会東京支部だより〜研修会(座談会と茶話会)を開催!〜〉

 

 穏やかな小春日和の休日(平成29年12月3日(日))、女子栄養大学駒込校舎において東京支部主催の座談会が開催された。大きなテーマは掲げず、在学中の後輩や新たな学びに挑戦を考えている同窓生に、これからを考えるきっかけを提供する意味を込め、本学大学院修了生3名を講師に迎え、現在に至るまでの経験談を含めたお話を頂戴した。3名とも大変話上手で、フロアからはしばしば笑いがあふれ、あっという間に予定していた2時間が過ぎ去った。

 
講師の皆様
 
座談会終了後は会場内に茶話会の席を設け、講師の方々を囲み、情報交換を行った。当日の参加者は、本学および他大学の学生、卒業生、現役教員、名誉教授の先生方など、年代も立場も様々であったが、話題は尽きることなく、アットホームなひと時を楽しむことができた。 座談会風景
 今回、講師の方々の共通点は、歩んできた道に幾重もの分かれ道があり、決して平坦な道のりではなかったということだろう。ユニークな話題の中にも、だからこそ、その言葉には重みがあった。
   「ボジティブであれ」「まずは、一歩を踏み出すこと」
講師からのメッセージを参集した若手の諸君は受け取ってくれたに違いない。
  「身を置いた環境で、真摯に一途に取り組むことの大切さ」、そうすることで未来が開けていくことを、諸先輩の話を通じて感じ取ってくれたことだろう。
 晴れやかな笑顔で会場を去る若手諸君の姿は、『これからを考えるきっかけを提供する』という本会の目的を果たせたことを物語っていた。
          茶話会風景
[報告:日笠志津・院平成6年修了]

開催月日:2017年12月3日(日)

場所:東京都豊島区 女子栄養大学短期大学部(駒込校舎)1301教室

内容:研修会(座談会と茶話会)

講演および講師

・「フロリダでの研究活動と生活」 
          日田安寿美(院平成6年修了)
・「学校栄養職員から管理栄養士養成施設の教員へ 転職を通じて学んだこと」
           別所京子(院平成9年修了)
・「‘栄養が大事から栄養も大事へ’ 鍼灸師になったわけ」
           西村かおる(院後期平成11年修了)

 

 

〈平成29年度福岡支部研修会を開催しました〉

 

 平成29年10月7日(土)、福岡支部では、ホテルニューオータニ博多にて吉岡慶子先生を講師にお招きし、研修会を開催いたしました。
 福岡支部の平成29年度は、支部会発足20年の節目の年です。平成9年まで、女子栄養大学1回生・吉岡慶子連絡担当によって、通信教育を広めながらの実践活動。そして今回の研修会は、吉岡慶子講師の20年の研究と社会的事実を対比させての講演<テーマ:健やかなる食を目指して〜咀嚼・嚥下を中心に〜>で、共に考え、老若男女がこれからを健やかに生きる糧の学びとなりました。
 福岡支部だけでなく、九州ブロックへの呼びかけに、長崎支部、佐賀支部より3名の参加。また、会員だけでなく家族や友人への呼びかけに5名の参加を頂き、『食は生命なり』に続く小さな息吹を共に味わいました。
 福岡支部は、平成10年より20年の間、武石従枝〜是此田セツ〜黒瀬晶子の3支部長、藤原泰子会計、中島伸子事務局長と、80〜90余名の支部会員で繋いできました。様々な形の実践活動を経ています。苦しいことも、悲しいことも多々あったように思います。が、「人を良くする=食」による健やかに生きる目標を忘れない教育を受けたことに改めて感謝をしています。
 11名の会員同士によるわずかな時間ながらも充実した意見交換会では、和やかな中にも新次世代へ向かって、年代、地域、資格、肩書、職場…などを超えた有意義な時を持つことができました。
 問題点として、当初予定していました研修と意見交換の時を更に充実させるために、予定時間をオーバーすることになり反省しています。見込み時間と内容のバランスを更に配慮して考える必要があることを今後の参考にしたいと思います。

〔福岡支部長 黒瀬晶子・学部昭和50年卒〕

 

 

〈千葉支部だより〜「支部総会・研修会」開催報告〜〉

 

 香友会千葉支部では、平成29年9月9日(土)に、皇居外苑にある「楠(なん)公(こう)レストハウス」に於いて、支部定時総会を開催いたしました。(21名出席)
当施設は、地産地消、環境保全に配慮したエコ運営とユニバーサル対応に視点を置き、学びと食を提供しています。
食事は、江戸時代の文献から料理の再現にチャレンジして、「江戸エコ行楽重」を調製し、体験学習のメニューとなっています。

 安部総料理長から、煎り酒、カステラたまご、おぼろ大根など、趣向をこらした「与の重」の説明があり、初めての味と調理方法に心を奪われました。また栄養士である太田ナビゲーターの講話からは、「買い物、調理、食事、片づけ」という一連の食の体験と実践から食育が育まれ、エコ教育と日本食の伝承となることを再認識しました。
 本日の総会で、平成15年の千葉支部設立当初から長年にわたって支部運営に貢献された小林芳子会長から児玉直子会長にバトンが引き継がれ、花束を贈呈して、会員一同で今後ますますの支部の発展を祈念いたしました。

〔千葉支部 鈴木千代子・学部昭和44年卒業〕

 

 

〈香友会岐阜支部〜支部総会・講演会を開催しました〜〉

 

 岐阜支部では、平成29年7月16日(日)、岐阜県多治見市の「まなびパーク」にて支部総会と講演会を開催しました。
 講演会は、支部会員9名、支部会員以外の栄養士、管理栄養士の方々、そして一般の方など21名、総勢30名の参加となりました。講師に女子栄養大学副学長の香川靖雄先生をお招きし、「時間栄養学」のテーマで90分を超える講演を拝聴いたしました。参加者は、栄養学の新しい知識を得ることができ、実践する大切さを再認識した大変有意義な講演会になりました。
 また、講演会の後は、会員有志で香川先生を囲んで日本料理を楽しみ、お互いの情報交換の場となりました。

 香川先生には、酷暑の中遠方までお越しいただき、厚くお礼申し上げます。

〔岐阜支部長 杉山博子 ・短大昭和37年卒〕

平成29年度香友会支部ブロック研修会の計画
〜各研修会の詳細は香友会事務局までお問い合わせください〜
南関東ブロック(担当:神奈川支部・埼玉支部)
 開催月日

〜終了しました〜 開催報告はこちら
9月2日(土)

 場 所

東京都豊島区:女子栄養大学「松柏軒」

 内 容

テーブルマナー教室
講師:講師:林正一〔香川調理製菓専門学校非常勤講師〕

北信越ブロック(担当:富山支部)
 開催月日

〜終了しました〜
10月1日(土)〜2日(日)

 場 所 富山県南砺市:庄川峡 長崎温泉「北原荘」
 内 容

講演:「香川栄養学園を卒業して50年〜アジアの低栄養の子供と共に〜」
講師 :小林好美子〔短大昭和28年卒〕

中部ブロック(担当:愛知支部)
 開催月日

〜終了しました〜
10月14日(土)〜15日(日)

 場 所

愛知県名古屋市:名古屋キャッスルプラザ

 内 容

名古屋めしを食し、食文化を知る

近畿ブロック(担当:兵庫支部)
 開催月日

〜終了しました〜 開催報告はこちら
10月22日(日)

 場 所

兵庫県神戸市:神戸市立東灘区民センター

 内 容

調理デモ、試食
講師:古川瑞雄〔香川調理製菓専門学校校長・調理師科昭和46年卒〕

中国ブロック(担当:岡山支部)
 開催月日

〜終了しました〜 開催報告はこちら
10月14日(土)

 場 所

岡山県岡山市:中国学園大学    ※中国学園大学現代生活学部共催

 内 容

講演:「時間栄養学をふまえた食生活の実践〜生活習慣病の予防と健康的なダイエット〜」
講師:西村早苗〔女子栄養大学准教授・学部昭和57年卒〕

四国ブロック(担当:愛媛支部)
 開催月日

〜終了しました〜
11月25日(土)

 場 所

愛媛県松山市:松山全日空ホテル「雲海」、萬翠荘

 内 容

講演:「香川栄養学園の今とこれから」
講師:香川明夫〔女子栄養大学学長〕

九州ブロック(担当:沖縄支部)
 開催月日

〜終了しました〜
平成30年2月17日(土)〜18日(日)

 場 所

沖縄県那覇市:ほしぞら公民館 大宜味村:「笑美の店」

 内 容

講演:「沖縄の食文化について」
講師:安次富順子〔安次富順子食文化研究所所長・学部昭和41年卒〕
「長寿の里 大宜味村を訪ねる」
講話:金城笑美子〔短大二部昭和44年卒〕

 

〈〜香友会近畿ブロック〜研修会報告〉

 

 平成29年10月22日(日)、神戸市東灘区民センターで、近畿ブロック(滋賀、京都、奈良、大阪、兵庫、和歌山の各支部)の研修会を行いました。
 講師に香川調理製菓専門学校 校長の古川瑞雄先生をお招きし、「家庭で簡単にできるフランス料理」というテーマで調理デモと試食という内容でお願いし、さらに日曜日開催も合わせて、たくさんの参加を期待しての企画でした。
  当日は、超大型台風21号の影響で朝から大雨警報も発令された中での開催となりました。前日から警報も予想される状態で、開催はどうしたらよいかと思案する中、会場に問い合わせると、警報が出ていても開館するとのこと。古川先生には前日より現地入りの予定をお聞きしており、台風自体は夕方に接近するという予報でしたので、会の開催決行を決断しました。参加者の方には、天候に関わらず開催予定であること、出欠については無理のないように判断をしていただくように前日に連絡をさせていただきました。
 参加者は申し込み時点で22名の予定でしたが、15名(大阪7名、兵庫6名、滋賀2名)プラス小学生のお子さん2名の参加でした。

古川先生には「鶏もも肉の赤ワイン煮込み」「お米入り人参スープ・オレンジの香り」「コーヒーのムース」の3品を教えていただきました。それぞれ、とても丁寧な作り方で、つい疎かにしがちなひと手間の過程がこんなにも美味しい味を引き出すということを改めて思い出させていただきました。他にも料理の大切なポイントをたくさん教えていただきました。
講師の古川瑞雄先生  

 参加者は少なめでしたが、参加者にとってはとても有意義な大満足の内容でした。
 10月はいろいろと行事も多く、また、今回は台風という気象状況もあり、開催時期については今後の検討課題と思います。ただ、日曜日に開催だから出席された方が2名いらしたことは、今回の開催の大きな収穫であり、次に繋げるきっかけになることと思います。
  古川先生には、悪天候にもかかわらずおいでいただき、楽しい時間を持てたことをとても感謝しています。心よりお礼申し上げます。

〔兵庫支部長・松本眞理子 学部昭和52年卒〕

 

<中国ブロック研修会(講演会と懇親会)を開催しました>

 

 平成29年10月14日(土)に今年度の中国ブロック(岡山、広島、山口、鳥取、島根の各支部)の研修会を開催し、16名が参加しました。
  講演会は、岡山市内の大学と共催し、香友会同窓生の西村早苗女子栄養大学准教授を講師にお迎えして、共催大学の広い講義室で管理栄養士課程の学生さん160名と共に聴講しました。

 西村先生には、「時間栄養学」とは何かの解説の後、これをふまえた食事の基本「いつ、何を、どれだけ食べればよいか」の大切さと実践方法についてお話しいただきました。 参加者からは、漠然としていた時間栄養学への理解が深まった、日々の食生活実践への意欲が高まった、学生時代に戻ったようで楽しく拝聴できたなどの感想が聞かれました。

 懇親会は、西村先生をはじめ同窓生が、卒業学校年、地域を越えて交流できる貴重な場となりました。地元の食材や料理のことなど話題に事欠かず、あっという間に楽しい時間が過ぎました。 会場の寿司店自慢の岡山ばら寿司は、酢じめの鰆など約40種類の様々な魚介、野菜類を使った美しく豪華なばら寿司でお味もよく、大変好評でした。

 今回の研修会については、有意義な1日だったなどの評価を頂き、ホッとしています。来年度は、広島支部がお好み焼きをテーマに楽しい企画を考えてくださるとのこと、今からとても楽しみです。一人でも多くのブロック会員に参加していただきたいと思います。

講師の西村早苗先生を囲んで
〔岡山支部長 高 早苗 学部昭和47年卒〕

 

<南関東ブロック研修会を開催しました>

 

 南関東ブロック(埼玉支部・千葉支部・東京支部・神奈川支部)では、平成29年9月2日(土)、駒込校舎松柏軒においてブロック研修会を開催しました。講師に香川調理製菓専門学校非常勤講師の林 正一先生をお招きしての「テーブルマナー教室」で、南関東ブロックの各支部より34名が参加しました。
  林先生のお話は、お客様が気をつけたいサービスする側からのアドバイスなど、ちょっと普通と違った角度からのテーブルマナーのお話でした。レストランの雰囲気は、サービスする側だけではなくお客様と一緒に作り出されるもの。最近では写真を撮ってネット上で公開することもあるのですが、他のお客様への配慮も必要になるので、お店の方に一言許可を頂くこと、ビュッフェでは節度を持って食べられる分だけを取るようにすること、大切な方を招待するような場合には下見をすることなど、いろいろと今後活用できるお話をしていただきました。


講師の林正一先生

   
 

 自分の所属する支部の方以外の方々との交流もでき、なごやかに楽しい時間が流れていったように感じます。参加された方から、「大変楽しくて良かった」や「林先生のお話がおもしろく、良い企画でした」というありがたいお言葉を頂きました。
  松柏軒のお料理はとてもおいしく季節の物が取り入れられて、皆さん満足されていました。
 ただ、若い方の参加は少ないように感じます。いつものことですが、若い方が参加してもらえるような企画を考えていきたいと思います。

 

〔報告:神奈川支部 高瀬和枝・学部平成5年卒業〕

 



香友会へのお問い合わせ・諸変更届は下記香友会事務局まで

香友会事務局
受付時間
9:00〜17:00 土日祝日・夏季・年末年始は休業
住  所

〒350-0214
埼玉県坂戸市千代田3-18-21 香友会館内

T E L
049 (288)0345・0543
F A X
049 (282)3110
E - mail
koyukai@eiyo.ac.jp