女子栄養大学大学院 文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小

大学院最新レポート

栄養学専攻レポート
女子栄養大学大学院 栄養学研究科栄養学専攻

社会人向け履修証明プログラム
Nutritionブラッシュアップ プログラム食環境
が平成28年度より、新たにスタート

健康寿命の延伸は、今日、日本社会の喫緊の課題です。健康寿命の延伸には、外食や中食でも健康的な商品が選択でき、同時に適切な情報提供が行われる食環境が重要です。そこで、さまざまな立場で食環境整備に関わる社会人を対象に、高度人材養成を目的として、最新の栄養学の知識を学び課題解決力を鍛える新しい講座「健康寿命延伸のための食環境整備に関わる高度人材養成プログラム」(BP)を実施しました。大学院生たちも、社会人に混じって受講することが可能です。初代受講生の声をお聞きください。

受講者の声

最新の栄養学に関する知識と
組織マネジメントの視点を学べるプログラムです。
上田 裕加里
静岡県出身 栄養学専攻修士課程 平成29年修了
食生態学研究室
 修士課程において、ターゲット集団の食や健康に関する課題やニーズに合わせたメニュー提案と、行動経済学の理論を用いて人々をより良い食事の選択へ導く提供の検討を行っています。これらの実習から、食事の商品開発に関わる組織や経費等を総合的に判断し、栄養面、安全面、経済面全般のマネジメントを行う能力を持ち、マーケティングの原理や応用を理解することの必要性を痛感。本プログラムを受講することで必要な知識を得られるのではないかと考え、受講を決めました。
 最新の栄養学の知識を学べるだけでなく、通常の大学院の授業と違い、BP受講者はさまざまな職種・立場で働いている現職の方が多いため、ディスカッションでは、自分一人、或いは学生だけの議論では気づかなかった視点や考え方を発見でき、とても勉強になります。  
 総合小売業の総合職として入社が決まっているのですが、栄養学と組織マネジメントに関する知識を踏まえて、高齢化、単身世帯や働く女性の増加等、多様なライフスタイルやニーズに合わせて、健康的な食事の実現に役立つ商品企画と情報提供を行っていくことに役立てたいと考えています。
社会人としても通いやすい環境が整っています
金子 真弓
千葉県出身 女子栄養大学卒業
株式会社セブン&アイ・フードシステムズ給食事業部営業業
 現在、勤務先において社内で定期的に開催されるセミナーのまとめ役を担当しています。そこで必要とされる基礎知識のブラッシュアップや栄養学の最新の知識の取得方法を模索していた時に、弊社のセミナーに講師としていらっしゃった石田先生に職業実践育成プログラムをご紹介いただきました。知識を得たいという気持ちのほか、企業ゆえ継続的な経営の為に利益が重要視されるので、専門的な知識や技術をどの様にお客様に貢献できるかという課題もあり、その解決の糸口を見つけられたらという気持ちもあり受講を希望しました。
 実際に得られた知識はためになることばかりで、社内でも共有してします。次回は社内の他のメンバーに紹介し、同じような貴重な体験ができると良いと思います。また今回共に受講したメンバーとは今後も交流し合い、時には業界全体が盛り上がるよう話ができると嬉しいです。
 現在の住まいは千葉、勤務地は東京であるため、時間のある土日は坂戸、仕事帰りの平日は駒込であることは助かりました。普段は得られない知識と人脈がこのプログラムにありました。主催して下さった先生、スタッフの皆様に感謝しております。
保健学専攻レポート

保健学専攻の領域横断的教育「重点課題演習」

大学院保健学専攻では、大学院生の現代社会の諸問題への対応力の向上を目指して、平成20年度より領域横断的な「重点課題」を定め、定期的に演習を行うことにしています。これは、保健学分野の今日的な重点課題を健康科学領域、臨床病態生化学領域、実践学校保健学領域の所属を超えて学習するものです。

保健学重点課題演習
「学校保健の現状と展望〜変容する家族のカタチや性別違和感を持つ子供達〜」

日時:平成28年11月11日(金) 16時40分~19時40分
場所:6503番教室
講師:石原 理 先生(埼玉医科大学産科婦人科学教室 教授)
   中塚幹也 先生(岡山大学大学院保健学研究科 教授)
コーディネーター:遠藤伸子 先生(本学保健養護学研究室 教授)
講演内容:
<石原先生>女性の出産年齢の上昇による卵子劣化の問題を含む最新の生殖医療について、また生殖や性に関する価値観の変容などから益々変化していくと考えられる家族のカタチや予測される子供への影響について、産婦人科医としての医学的見地から、また北欧などのフィールドワークを行う研究者としての立場から講演していただいた。
<中塚先生>性別違和感を持つ児童の現状や課題について、また学校はどのように取り組むべきか、特に管理職や養護教諭はどのようなことに配慮すべきかについて、さらに発達段階に合わせた治療がどのように行われ、何が課題であるかなど、最新の情報を交えてご講演いただいた。
講演テーマの背景と目的:
 近年の学校の課題には、子供の学力・身体能力の低下に加え、深刻で多様な心身の健康問題を抱える児童生徒の存在がある。これらの背景には少子化や経済格差等の子供を取り巻く社会環境の急激な変化や、家庭や地域、学校での教育力の低下などが挙げられる。一方で保護者の価値観も大きく変わると共に、年々学校への要望も肥大化しており、また他職種に比べ教員のメンタルヘルスの低下も大きな問題となっている。子供が抱える問題の多くは、家族の問題と関連性があり、現在の日本においては長年放置されてきた性別違和感を持つ児童生徒の問題への対応が重要な課題の1つになっている。一方、昨年4月に初等中等教育局から「性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細かな対応の実施等について」という通知が出されたが、現場の教職員からは実際にどのように対応したら良いかわからないという戸惑いの声も多く聞かれる。そこで、本重点課題演習では、学校が抱えるこれらの問題について多くの方々に正しく理解していただき、養護教諭を中心に今後の対応について考えるための機会を設けることを目的として企画された。
石原 理先生
石原 理先生
中塚幹也先生
中塚幹也先生
Copyright ©2009-2017 Kagawa Nutrition University. All rights reserved.  
入学案内 進路状況 キャンパスライフ 資格インデックス 研究室・教員紹介 研究科・専攻紹介 大学院紹介 交通アクセス お問い合わせ 願書・資料請求 サイトマップ English 女子栄養大学大学院 プライバシーポリシー 関連リンク 香川栄養学園 香川栄養学園