女子栄養大学大学院 文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小
女子栄養大学大学院 栄養学研究科

大学院の3つのポリシー

アドミッション・ポリシー
(入学者受入方針)

 栄養学研究科は、食と健康を統合する研究者養成および高度人材養成を目指し、人々の健康の増進と幸福な社会の実現に寄与することを目的とする。
  • 自らの課題意識、問題関心が明確である人
  • 大学院の研究等を進めるのに、必要な学力を有している人

<栄養学専攻>

  • 栄養・食に関連した科学的根拠の探求、およびそれを活用した実践への熱意を有する人

<保健学専攻>

  • 地域保健、学校保健、バイオ・メディカルの基礎的研究に深い関心を持ち、ヘルスプロモーションに意欲を有する人

カリキュラム・ポリシー
(教育課程編成・実施方針)

 栄養学研究科では,学生自身の研究課題を深めると同時に,栄養学・保健学の幅広い研究領域の視野を得て,その中で自身の研究課題を位置づけ,研究の実施が可能となるよう,以下のカリキュラム編成を行っている。
  1. 修士課程にあっては,個別の研究課題に取り組む前に,まず栄養学・保健学の学際性・多様性に触れる目的で,入学時に専攻毎に全専任教員による「総合講義」を開設。
  2. その上で,さらに多様な知見を深める目的で多領域の特論科目を開設。栄養学専攻では,基礎栄養科学領域,実践栄養科学領域,生体科学領域,食文化科学領域,食物科学領域,教職領域の特論科目を,保健学専攻では,健康科学領域,臨床病態生化学領域,実践学校保健学領域の特論科目を開設。
  3. 研究を進めるための方法論の修得を目的として,共通領域として研究手法に係る科目を開設。
  4. 栄養学・保健学の学際性・多様性の中で,自身の研究課題を位置づけ,先行研究をふまえ,その意義と知見を他者に伝え議論するスキルを修得するための「総合演習」(学生全員によるセミナー)を開設。
  5. 修士課程,博士後期課程ともに,学生自身の研究課題や実践課題を深めるため,指導教員による個別指導体制を充実すると同時に,多領域の教員から指導を受けられる機会(全教員参加の下での中間報告会等)を設置。

ディプロマ・ポリシー
(学位授与方針)

I.修士課程

 修士課程にあっては,所定の単位を修得し,修士論文(高度人材養成コースの場合は,高度人材養成研修成果報告書)の審査及び最終試験に合格し,栄養学または保健学の幅広い視野に立って精深な学識を有する者,専攻分野における研究能力または高度な専門性を有する職業人として必要な能力を修得したと認められる者に,修士(栄養学)または修士(保健学)を授与する。

Ⅱ.博士後期課程

 博士後期課程にあっては,博士論文の審査及び最終試験に合格し,栄養学または保健学の専攻分野について研究者として自立して研究活動を行うに必要な高度な研究能力と,その基礎となる豊かな学識を修得したと認められる者に,博士(栄養学)または博士(保健学)を授与する。
入学案内 進路状況 キャンパスライフ 資格インデックス 研究室・教員紹介 研究科・専攻紹介 大学院紹介 交通アクセス お問い合わせ 願書・資料請求 サイトマップ English 女子栄養大学大学院 プライバシーポリシー 関連リンク 香川栄養学園 香川栄養学園