女子栄養大学大学院 文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小
栄養学専攻博士後期課程

研究指導の概要(平成30・31年度分)

Ⅰ栄養学(固有)領域

分野(科目)
担当教員
研究指導の概要

栄養生理学

上西  一弘 教授

①ミネラルを中心とした食事摂取基準の基礎的な検討。カルシウムについては安定同位体を用いた検討も行う。

②牛乳・乳製品と健康との関わりを疫学的研究、介入研究により検討する。

③貧血と疲労骨折を中心としたスポーツと栄養の関わりについて検討する。

④成長期のライフスタイルと身体状況について横断的ならびに縦断的に検討する。

給食経営・栄養管理学

石田  裕美 教授

①ライフステージに応じた食事管理を手法とした栄養管理に関する研究

②特定給食施設における栄養管理システムに関する研究

③特定給食施設における給食経営管理に関する研究

地域栄養学

武見  ゆかり 教授

①地域栄養活動・施策立案と評価に関する研究

②人間の食行動の決定要因と行動変容のための支援手法に関する研究

③食事の栄養バランスの質に関する研究

④食環境整備に関する研究

 以上の課題に関する理論構築と、実践の方法論の提示並びに栄養政策への提言を目指す。

基礎栄養学

川端  輝江 教授

①ヒトの観察・介入あるいは動物実験による食事中脂肪酸の量・質と健康との関連

②妊娠期及び授乳期の母親の栄養と胎児・新生児・乳幼児の成長・発達との関連

③四群点数法等の食事法の開発及び利用法の検討、日本食と疾病に関する研究

Ⅱ生体科学領域

分野(科目)
担当教員
研究指導の概要

臨床代謝学

田中  明 教授

①脂質代謝異常が動脈硬化に及ぼす影響を検討、研究する。

②食事療法、運動療法の体内代謝異常に及ぼす影響を検討、研究する。

生化学

山田  和彦 教授

 食事由来成分の最終消化を微絨毛膜消化酵素について基質特異性の観点から研究する。

生理学

藤巻  わかえ 教授

 幼少時期における免疫反応は、成人とは異なる。個体の成熟度による、アレルギー成立への過程や病原因子に対する生体反応の相違を検討するために、新生児の血液である臍帯血中の免疫担当細胞を用いて、成人の末梢血を対照として、免疫反応性を比較検討する。

Ⅲ食物科学領域

分野(科目)
担当教員
研究指導の概要

食品栄養機能学

西村  敏英 教授

 以下の研究テーマで博士論文を作成する。また、研究を通して、問題の発見能力と解決能力、プレゼンテーション能力、並びにコミュニケーション能力を養う。

①食品のおいしさの要因であるコクの形成並びに増強メカニズムの解明

②食肉タンパク質由来ペプチドの抗酸化作用とその作用機序の解明

調理機能学

小西  史子 教授

ムクナのアルツハイマー型認知症に対する予防効果の検証

の担当教員は平成31年度の学生募集を行いません。(の担当教員は平成31年度(10月入学)の学生募集を行いません。)
平成31年度に学生を募集する担当教員については学生募集要項(願書)にて必ず確認してください。
Copyright ©2009-2017 Kagawa Nutrition University. All rights reserved.  
入学案内 進路状況 キャンパスライフ 資格インデックス 研究室・教員紹介 研究科・専攻紹介 大学院紹介 交通アクセス お問い合わせ 願書・資料請求 サイトマップ English 女子栄養大学大学院 プライバシーポリシー 関連リンク 香川栄養学園 香川栄養学園