女子栄養大学大学院 文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小
ヘルスプロモーションを推進し、社会に貢献
近未来の社会的ニーズに応えられる高度な専門性と実践能力に富む
健康保健分野のスペシャリストを養成
保健学専攻修士課程

目的及び内容

 現在、国内では超高齢社会に対応できる医療システムの創出と医療従事者の質的向上が、国内外では新感染症およびパンデミックへの危機管理と対応力が求められています。
 本課程は、グローバルな視点から現代社会のニーズに応えられる専門性と危機管理能力、高い倫理観を有する保健分野のスペシャリストを養成することによって、ヘルス・プロモーションの推進とそれを可能にする社会の創造に貢献しようとするものです。
 研究者養成の具体的な内容は、授業科目・教員・研究指導の概要等に示す通りで、健康科学、臨床病態生化学、実践学校保健学の3領域で主導的な立場に立てる人材を育成します。すなわち、1)健康教育および地域保健・保健サービスの専門家、2)臨床現場で病態の本質を見極められる研究者、3)養護教諭や保健の専修免許状取得の専門職を養成します。
 一方、平成29年度から開設される新プログラムの高度人材養成コースでは、「高度人材養成コースの概要」に示す通り、現場での研修を通して社会の要望に応えられる人材を育成します。その内容は、1)実践学校保健学領域では、新しい学校づくり(チーム学校)の有力なメンバーになるために必要な高度専門性を有する現職養護教諭を養成し、2)臨床病態生化学領域では、臨床検査技師の資格を活用しながら栄養指導や検査技術を高めて管理栄養士受験資格を獲得し、検査領域に精通した管理栄養士を養成します。また、3)健康科学領域では、地域健康づくり支援コースとして、運動と栄養の両面から高齢者の健康増進を目指して指導を実践し、またその評価のできる人材を養成します。
 なお、大学院設置基準第14条(教育方法の特例)を適用して、本専攻では坂戸校舎において一部の授業科目の土曜日開講、平日の夜間開講を実施しています。研究指導を夜間その他特定の時間または時期において実施することや、他大学院または研究所等との協議に基づき、学生が1年を超えない範囲で他大学院または研究所等において必要な研究指導を受けることも可能です。

入学定員

10名(収容定員20名)

標準修業年限

2年

学位

修士(保健学)
修士課程に2年以上在学し、授業科目について指導教員の指導のもとに30単位以上を修得し、さらに修士論文(または、高度専門職業人養成の場合には、特定課題に関する研究成果の報告書)の審査ならびに最終試験に合格した者には修士(保健学)の学位が授与されます。
Copyright ©2009-2017 Kagawa Nutrition University. All rights reserved.  
入学案内 進路状況 キャンパスライフ 資格インデックス 研究室・教員紹介 研究科・専攻紹介 大学院紹介 交通アクセス お問い合わせ 願書・資料請求 サイトマップ English 女子栄養大学大学院 プライバシーポリシー 関連リンク 香川栄養学園 香川栄養学園