女子栄養大学大学院 文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小
栄養学専攻編

研究室の取り組みと、未来に対する想い

研究や経験から数多くのことを学ぶことで視野が広がります
[基礎栄養学研究室]
研究指導分野/基礎栄養学
川端 輝江 教授
大学院での学びを教育現場で学生へ還元したい
埼玉県出身 女子栄養大学卒業
栄養学専攻 修士課程2年
松本 梓

教育者であり、研究者であることを目標に
松本 私は、卒業後に教育機関で助手をしていました。その時に、栄養学や食品衛生学の講義を担当しました。教える側になった時に、自分の言葉として学生にきちんと伝えられていないと感じる場面もありました。そこで、自身のキャリアアップのためにもう一度しっかりと勉強をしなければと大学院に進学しました。
川端 松本さんは、大学の卒業研究で担当教員として接していましたが、とても真面目で考え方がしっかりとしています。大学卒業後に教育機関に勤めると聞いた時に、いつかは大学院で研究をするのではと思っていました。大学院での研究テーマは、学部の卒業研究でも取り上げた「脂肪酸」についてですね。
松本 はい。妊娠期の母親と子どもの血液を用いて、子どもの出生体重が母親の影響をどれくらい受けているのかを、脂肪酸の知見から研究を進めています。最初の頃は、ガスクロ分析器の使い方に四苦八苦したりと…大変でした。
川端 脂肪酸は、DHAやEPAと言ったほうが、馴染みがあるかもしれませんね。胎児期から生後1・2歳の頃に脳に蓄積されていることがわかっていて、だから「脳に必要」と言われています。海外では、母親がサプリメントなどで脂肪酸を多くとると、IQの高い子が産まれるというデータがあります。日本にはそういったデータはないので、松本さんの研究にはとても期待しています。
松本 妊娠期の母親の状態が胎児に与える影響に関する研究は、様々な国で行われていますが、そのような研究に携わることができ面白いと感じています。
川端 大学院での専門性のある学びは、その専門分野以外の視野が広がるものでもあります。研究を通して“考え方”を学ぶことは、とても意味のあること。是非、大学院で研究に没頭する2年間を過ごして下さい。
松本 大学院修了後は、また教育機関に勤めて学生教育に従事したいと思っています。学生と関わることで私自身も学ぶことが多く、また、研究はずっと続けて行きたいと思っています。


身近な疑問点をそのままにしない姿勢が医学の発展につながる
[臨床栄養医学研究室]
研究指導分野/臨床栄養学
田中 明 教授
研究したことは必ず臨床の現場で役立てるべき
埼玉県出身 日本女子大学卒業
栄養学専攻 修士課程 平成28年修了
沼沢 玲子

研究することで自分の軸を持ち、変化する現場に対応したい
田中 沼沢さんは、実際にお仕事をされていて、それから大学院に進学されましたね?
沼沢 はい。現在も病院の管理栄養士として、生活習慣病患者に対する栄養指導をしています。ここ数年、糖尿病の新薬が発売され、治療法も変わってきています。食事の面でも、患者様の嗜好や習慣に合わせた柔軟な指導が必要とされています。自分自身が変化する現場に対応しきれていないのではという不安もあり、大学院で研究して掘り下げたいと思いました。
田中 現場で臨んで仕事をしながら感じた疑問を問題点として捉えて、それを研究テーマとすることはとても大事だと思います。沼沢さんの研究は、近年よく耳にする「糖質制限」「炭水化物抜きダイエット」という内容とも関係する興味深い内容ですよね。
沼沢 数年前から、糖尿病の食事療法において糖質制限食が注目され、活発な議論がされています。そこで、糖質制限食の有効性と課題について、2型糖尿病患者さんを対象に研究しています。特に、心血管疾患発症リスクとなる脂質プロファイルへの影響と患者さんの心理面から、患者さんが実践・継続できる治療法であるのか、検討しています。実際には、糖質制限食と従来食を3カ月程度の期間で入れ替えて実施して、データを測っています。
田中 これまでも糖質制限食に関するデータはいくつか出ていますが、脂質に関する影響の結果が出ると、ひとつのエビデンスが加わると思っています。病院にも協力頂き、実際の患者さんが被験者になってくださるなど、とてもいい環境で研究を進めていますし、学会での発表なども積極的に行っているので、安心して見守りつつ、期待もしています。
沼沢 私は、研究したことは必ず何かに活かさないといけないと思っています。現場の中から出てきた課題を突き詰め、明らかとなった結果を臨床現場に活かしていく、そうした学びができるのが大学院であると考えています。
田中 身近な疑問点を研究テーマにし、それが医学の発展に役立てることができる、それが研究の価値です。社会で活躍されている方にもどんどん大学院で研究をして頂きたいですね。
Copyright ©2009-2016 Kagawa Nutrition University. All rights reserved.  
入学案内 進路状況 キャンパスライフ 資格インデックス 研究室・教員紹介 研究科・専攻紹介 大学院紹介 交通アクセス お問い合わせ 願書・資料請求 サイトマップ English 女子栄養大学大学院 プライバシーポリシー 関連リンク 香川栄養学園 香川栄養学園