女子栄養大学大学院 文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小
栄養学専攻編

研究室の取り組みと、未来に対する想い

未経験の分野への好奇心、
実験が好きという気持ちが研究には不可欠です
[食品生産科学研究室]
研究指導分野/食品学
西塔 正孝 准教授
西塔 正孝 准教授
研究を進めながらも管理栄養士の資格取得という
夢に向かえる環境です
千葉県出身 女子栄養大学卒業
栄養学専攻 修士課程2年
坂本 佳子

管理栄養士の受験資格が得られる新コースが設立
坂本 大学卒業後の進路を決める際に食品企業の商品開発部門で働きたいという思いと、管理栄養士になりたいという夢がありました。商品開発部門で働くには食品に関する広い視野と専門的な知識・技術が必要だと考えていましたが、一方で管理栄養士の夢を諦めきれずに悩んでいました。そんな時に管理栄養士の受験資格が得られる大学院の栄養士実務経験コースが新しく創設されると聞き、進学することを決意しました。
西塔 進学の相談を受けた際に、実験が好き、そして何より水産物を食べることが好きという彼女の思いを聞き、意欲のある学生が来たな、という印象を受けました。栄養学ではそれまで学んだことのないような化学的な知識も必要となるので、未経験の分野に対して取り組む興味も、研究には不可欠ですからね。
坂本 ありがとうございます。私は魚料理が好きで、その栄養素に興味がありました。今は学内のカフェテリアで栄養士実務経験コース生としての実務を行いつつ、提供する魚の脂質成分の分析と栄養計算値の妥当性について研究しています。
西塔 私自身も度々カフェテリアに行って坂本さんがどんなものを提供しているのか見させてもらっています。誰かが作ったものを参考に研究するのと、原料から調理した食品までをサンプルにして測定するという経験は大きく異なり、また面白さを感じる部分でもあると思います。
坂本 魚は漁獲時期や使用部位によって脂質や脂肪酸量に大きな差があるため、食品成分表を規準とした栄養計算においても成分表と分析値とで大きな差があると考えられます。より正確な栄養成分の情報を提供出来るよう研究を進めるうえで、自分でサンプリングできる環境はとても貴重です。
西塔 坂本さんには今後、水産物に関してより細かい視点で品質や栄養性・機能性について広く学んでもらいたいですね。今研究テーマとして分析しているのは限られた成分ですが、それに限らず他の知識も多く学んで食品の流通などについても絡めながら見聞を広めていってほしいです。
坂本 大学院での授業は自発的な学びが中心になります。先輩や同期もスキルアップのために学びたいという方が多いので、そうした刺激を受けながら私自身も積極的な姿勢を忘れずに研究を続けていきたいと思います。そして専門家として高い水準の意識・知識を持った話や人との関わりが出来るようになりたいと思っています。

平成29年度新設 栄養士実務経験コース

対象は本学保健栄養学科栄養科学専攻出身の栄養士免許有資格者。本学大学院修士課程に在学しながら、学園内施設にて1年間、栄養士の実務経験を行い、管理栄養士国家試験受験資格の取得を目指すことができます。1年次は学園内施設で実務を行いながら、実務のない日や時間帯に大学院の授業を受講、かつ研究活動を行います。2年次は学園内施設での実務はなくなり、学内外で研究活動を継続し、修士論文を作成します。
Copyright ©2009-2017 Kagawa Nutrition University. All rights reserved.  
入学案内 進路状況 キャンパスライフ 資格インデックス 研究室・教員紹介 研究科・専攻紹介 大学院紹介 交通アクセス お問い合わせ 願書・資料請求 サイトマップ English 女子栄養大学大学院 プライバシーポリシー 関連リンク 香川栄養学園 香川栄養学園