女子栄養大学・女子栄養大学短期大学部
学校法人香川栄養学園
女子栄養大学大学院
香川調理製菓専門学校

栄養学部二部  保健栄養学科(男女共学・夜間開講)

■カリキュラム

この学科の特色

夜間部で家庭科教諭資格を取得できる、全国唯一の学科です。

栄養学実践の基礎を修得するカリキュラムに加えて、リカレント(再学習)のニーズにも対応。さらに専門的な栄養学学習のための高度専門科目が充実しています。食の専門家「フードスペシャリスト」の受験資格、食生活指導士®一級の資格も取得できます。また、一部の科目は学習支援システムeラーニングに対応し、オンライン環境があれば学外からも勉強でき、効果的な学修ができます。

カリキュラムの構成

時間割は18:15〜21:15の時間帯に1日2時限ずつ組まれています。基礎・教養科目、必修の専門科目が1・2年次に組み込まれ、大学生としての幅広い教養と基礎となる専門知識を学びます。

専門科目の総合分野科目では各学年において学ぶ姿勢や方法論を身に付けることができるようになっています。

選択の専門科目は3・4年次を中心に開講されており、11分野にも及ぶ多彩な教科から、学びたい分野を選んで学習することができます。栄養学のより専門的な内容に加え、高度専門科目も用意されており、教職教科分野の科目では、生活に直結する内容も充実しています。

授業は、学理や知識を学ぶ座学だけでなく、科学的な実験や調理などの実習、グループワークを行う演習も多く、実践を重視した少人数教育によって教育効果をあげています。

卒業研究や卒業ゼミでは、興味ある分野の研究室に所属して自由に研究することができます。

カリキュラムの構成

授業科目一覧(平成28年度入学生用(予定)PDF形式)

学外学習

教育実習で教職課程の学びを実践し、教職実践演習で総仕上げを。

教育実習(家庭科教諭)

4年次の5〜6月に3週間または4週間、家庭科の授業および生徒指導・特別活動などについて、実際に中学校・中等教育学校または、高等学校の教育現場で教育実習を行います。実習の前後に実施される「事前指導」、「事後指導(報告会)」では、指導案や教材、また指導法について実践的に学び、教壇に立つ力をつけていきます。4年後期にはさらに教員としての資質を高める『教職実践演習』があります。

■卒業ゼミ・卒業研究(一部抜粋)

卒業研究や卒業ゼミでは、興味ある分野の研究室に所属して自由に研究することができます。

卒業ゼミ

介護・保健学

健康教育:乳幼児から老人に至る生涯発達の各段階において展開される家庭・学校・地域・職域・医療・福祉等各場面における健康問題を把握し、健康の保持増進に必要な考え方について文献を中心に理解を深める。

社会学

心の健康と右脳の発達…右脳の発達と生きがいとは相関関係にある。囲碁を通して右脳の発達を図り、将来、生きがいの一つになる可能性を追求したい。

基礎栄養学

卒業研究に関連した文献の検索と輪読。
研究テーマへの理解を深める。

情報教育

ホームページの作り方。

調理学

調理に関わる調査・文献購読・実習等

卒業研究

介護・保健学

健康教育:乳幼児から老人に至る生涯発達の各段階において展開される家庭・学校・地域・職域・医療・福祉等各場面における健康問題を把握し、健康指導、健康教育の在り方について研究をすすめる。個々のテーマは、学生の問題意識により設定する。

社会学

心の健康と右脳の発達…右脳の発達と生きがいとは相関関係にあると考えられる。そのことを、生活文化、余暇、趣味などについてのさまざまな統計、アンケート調査などを検証して確かめる予定です。

基礎栄養学

1.母親の食事と母乳中EPA、DHA量との関係
2.脂肪酸代謝酵素遺伝子多型と子どもの成長・発達

情報教育

ホームページという媒体によって、自分のテーマを表現する。

調理学

調理に関わる研究

■時間割モデルケース

時間割モデルケース